一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

函館で出走へ!キャロット出資馬ブルーペクトライト最新情報(2024/07/04)

この世代のキャロット唯一の出資馬ピースエンブレムの20ことブルーペクトライト、通算12走目となるレースに向けて、最新の近況が更新されていました。

早速内容を見てみましょう。




ブルーペクトライト

ブルーペクトライト。2023年12月。クラブ公式ホームページより。許可をいただき掲載しております。

4歳牝馬 中央1勝
サトノダイヤモンド×ピースエンブレム
(ピースエンブレムの20)
ノーザンファーム産
関西)池添学厩舎

サトノダイヤモンド初年度産駒!
キャロット出資2世代目にして初の勝ち上がり!

24/6/26 更新情報

26日に函館競馬場へ帰厩しました。

早来担当者さんコメント

「坂路で順調に乗り進められていたので、厩舎サイドと相談の上、このタイミングで函館競馬場へ移動しています。

現地で乗りながら状態を確認していただき、競馬へ向かって行くことになりそうです」

24/6/27 更新情報

27日は軽めの調整を行いました。

7月6日もしくは7日の函館競馬(3歳上1勝クラス・ダ1700m)に藤岡佑騎手で出走を予定しています。

池添学調教師コメント

「水曜日に函館競馬場へ帰厩させています。

進めた感じを見ながらにはなりますが、気性面でちょっと難しいところはありますので、そのあたりを考慮して早ければ来週からサッと使っていこうと思います」

24/7/4 更新情報

3日は函館Wコースで追い切りました。
4日は軽めの調整を行いました。

7日の函館競馬(3歳上1勝クラス・ダ1700m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

池添学調教師コメント

「水曜日は藤岡佑騎手に乗ってもらってウッドコースで追い切りました。
強めに追って5ハロン68秒1、ラスト1ハロン12秒3という計測です。

いつもどおり動きに関しては申し分なく、あとは集中力が続くかどうかというところでしょう。
現地のスタッフからも“体調は良好で背腰の状態も良い”と報告を受けています。

函館は初勝利を挙げたコースでもありますし、輸送のない競馬で良い結果を期待したいです」

クロキリの一言

8月13日に札幌の1500でデビューし7着。
そこから4月下旬までに芝の中距離で3走、残念ながら8着内にも入れないレースが続きましたが、6月25日、函館遠征&ブリンカー装着にダート替わりで臨んだ1戦で見事な走りを披露、初勝利を挙げましたブルーペクトライト。

勝ち上がり後は調教で良い動きを見せていて、レースでは鞍上や馬具を変えたり遠征を試みたりと試行錯誤されつつも、4走連続の掲示板外と再び厳しいレースが続いていました。
が、通算10走目となる京都でのレースで素晴らしい追い込みから2着という結果を残してくれています。

良い流れのなかで期待が高まるなか、池添先生とクラブは中1週での続戦を選択。
5月5日、1走前に2着になった時と同条件となる京都のダート1400mで出走しましたが…環境、展開的に気分が乗らなかったのかもしれないとのことでしたが、後方から追走し直線に向かうも目立った末脚を見せることはできず。
勝ち馬バイファーザベストから1.4秒差の13着でレースを終えています。

レース後は北海道で調整され中8週。
通算12走目、今年5走目となるレースに今週挑みます。

調子は良さそうですし、鞍上もここ3走連続で乗ってくださっている藤岡佑介騎手。
継続騎乗の安心感に加えて、北海道開催に強いイメージもあるジョッキーですし、良い結果に期待したいところですね。

ブルーペクトライト自身は池添先生も仰られているように集中力、気持ちの問題が大きいんだろうなという感じですので、1勝を挙げている函館の舞台で気持ちよく走ってほしいです。

人馬の無事と健闘を願いつつ、愛知から全力応援の念を送りたいと思います!


※画像・コメントはキャロットクラブ様ホームページより。
許可をいただき掲載しております。