一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

G1サラブレッドクラブ1歳馬募集2020!全頭一言評価ー栗東完結版ー

G1TCの2020年度募集(2019年産世代募集)募集馬一言コメント企画第6弾!

今回で一通り今回のG1TC募集馬を見終わることになります!
早速いってみましょう。


※あくまでも私クロキリの出資検討の一環であり、勉強と振り返り用です。
参考にしていただいても構いませんが責任は一切とれません。

※予算を抑え目に設定していることもあり見送りを連発していますが、あくまでも私の好みと予算の問題ですので見送った馬がダメというわけでは勿論ありません。
皆様の推し馬をバサッと見送ってしまうかもしれませんがお許しください。

※間違った見解、勉強不足な点等多々あるかと思いますが、笑ってスルーしていただけると幸いです。




募集スケジュール

・1次募集
2020/06/08(月)~2020/06/25(木)午後3時まで
(ネットの場合。郵送は24日消印有効)

・1次募集結果発表
2020/07/03(金)

・1次で満口にならなかった馬
2020/07/11 午前9時より、1次で1口も取れなかった会員のみ参加可能な1.5次募集
(電話受付。1人1口のみ)

2020/07/11 正午より、2次募集。
先着順。

美浦募集馬(1-28)はこちら

www.g1-kurokiri.com

栗東募集馬はこちら(29-47)

www.g1-kurokiri.com

www.g1-kurokiri.com

48.ヨナグッチの19

ドレフォン初年度産駒の牡馬。

母14歳時の仔。

充分な測尺をしていますがトモ高に見えますし、まだ大きくなりそうですね。

昨年私が2位指名にしていたヨナグッチ18の半弟になります。

デアリングタクトの登場で注目を集めているであろう杉山厩舎で名馬に多いと言われる左後一白。

人気でるかもしれませんねー。

歩様動画から、やや筋肉がついてくるの待ちなのかなぁという印象でしたので個人的には見送り予定です。

49.カラフルデイズの19

ドレフォン初年度産駒の牝馬。

母11歳時の仔。

測尺は充分なように思われますし、馬体写真もパッと見綺麗ですね。

動画を見てみると、質と容量は充分なもののトモ辺りの筋肉はもう少しついてくるの待ちになるのかなという印象でしたので今回は見送り予定。

50.イチオクノホシの19

社台ファーム生産のドレフォン初年度産駒。

母10歳時の仔で牝馬。

測尺充分で立ち姿も悪くない印象ですよね。

動画で見てみると、筋肉は確かに付いているように見えるもののちょっと質が硬いんですかね?

パワー型なんだろうなという印象。

嫌いじゃないタイプなのですが、これまでもよく出資してきたタイプとも言えそうですので今回は見送ってみようかなと考えています。

51.ミゼリコルデの19

ミッキーアイルの2世代目産駒。

母14歳時の仔で牡馬。

遅生まれで立ち姿もやや幼めに見えましたが、それにしては測尺は充分。

後肢の踏み込みはやや浅めなのかなという印象で、筋肉ももう少ししっかりしている方が好みかなと感じましたので今回は見送り予定。

52.アスペンアベニューの19

スクリーンヒーロー産駒の牝馬。
左後一白。

母13歳時の仔。

立ち姿ではちょっとスマートすぎるかなぁと感じていましたが動画を見てみるとそんなことは無く、柔らかく歩いていますよね。

現役時代母未勝利は気になりますし測尺も小柄な部類ですが、まぁ安いですし一応検討候補には入れたいなと考えている1頭。

53.チェリーフォレストの19

ブラックタイド産駒の牝馬。

母16歳時の仔。

直近の兄2頭もブラックタイドを付けられており、3年連続のブラックタイド産駒。

立ち姿ではややスマートに見えましたが、動画を見てみると筋肉もある程度付いているように見え(これが足りるかどうかがポイントでしょうか?)、可動域も広そう。

柔らかくスムーズに歩けていて、現状の馬体重は物足りないですが有力候補として残したいと考えている1頭です。

6/20 問い合わせ
リリーバレーイヤリングスタッフさんによると、関節の柔らかさは世代1かも、性格が大人びてきたら楽しみ、とのこと。
うーん悩みますね。

54.ビバリーヒルズの19

ノーザンファーム生産のシルバーステート産駒。

母7歳時の仔で2番仔。
牡馬。

測尺は充分な印象。
今回のG1募集のシルバーステート産駒は小さい仔が多いので、比較するとかなり良い数字に見えますね。

柔らかく良いスピード感で歩けていて、人気でそうですけどどうですかね?

一応候補に残したいと考えている1頭。

55.メリオーラの19

シルバーステート初年度産駒の牝馬。

母7歳時の仔で初仔。

やや小さめですが管囲とかは充分ですよね。

トモごついですね。
歩きは少しゆっくりでしょうか。

もう少しシャキシャキ歩くような感じの方が好みなのですが、価格も安めですしとりあえずいったん候補には残しておこうと思います。

56.ピュリティゴールドの19

マジェスティックウォリアー産駒の牡馬。

母5歳時の仔で初仔。

早生まれにしては馬体重は控えめですかね?

筋肉もついてて、歩くのも遅くはない気がするのですが、何となくもう少しサクサク?と歩いている雰囲気の方が好みなので見送り予定。

57.外)ラナモンの19

パイオニアオブザナイル産駒の牡馬。

北米重賞馬である母8歳時の仔で、カタログ通りだと3番仔(JBISサーチさんだと初仔)

今回のG1TC募集馬唯一のマル外ですね。

池江厩舎預託予定とのことで期待も高そうです。

幅が薄めですかね。
シャキシャキとスムーズに歩いており筋肉もしっかりしてそう。

予算オーバーですので見送りますが、良い馬なんじゃないかなと思います。
あとは日本適性がどうかですよね。

今回のまとめ

募集馬57頭、一通り見終わりました!

あとは本日公開という最新動画を見つつ、絞り込みしていこうと思います。

申込み予定馬はもう決まりましたか?

私は確認したらまだ10頭ちょっとまでしか絞れていないようで、ここからが本番かもしれません(^^;

お互い良い馬に出会えますように!


※募集情報はクラブホームページ(G1 Thoroughbred Club ジーワンサラブレッドクラブ)より。
許可をいただき掲載しております。