一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

G1サラブレッドクラブ1歳馬募集2020!全頭一言評価11-20

G1TCの2020年度募集(2019年産世代募集)募集馬一言コメント企画第2弾!

本日は美浦の募集番号11からスタートします。
早速みていきましょう。

※あくまでも私クロキリの出資検討の一環であり、勉強と振り返り用です。
参考にしていただいても構いませんが責任は一切とれません。

※予算を抑え目に設定していることもあり見送りを連発していますが、あくまでも私の好みと予算の問題ですので見送った馬がダメというわけでは勿論ありません。
皆様の推し馬をバサッと見送ってしまうかもしれませんがお許しください。

※間違った見解、勉強不足な点等多々あるかと思いますが、笑ってスルーしていただけると幸いです。




募集スケジュール

・1次募集
2020/06/08(月)~2020/06/25(木)午後3時まで
(ネットの場合。郵送は24日消印有効)

・1次募集結果発表
2020/07/03(金)

・1次で満口にならなかった馬
2020/07/11 午前9時より、1次で1口も取れなかった会員のみ参加可能な1.5次募集
(電話受付。1人1口のみ)

2020/07/11 正午より、2次募集。
先着順。

募集番号1-10はこちら

www.g1-kurokiri.com

11.アニマトゥールの19

キズナ産駒の牡馬。

母9歳時の仔で3番仔。

測尺立派で立ち姿も綺麗、キズナと同じ青鹿毛で人気しそうな感じですねー。

動画も後ろの歩幅はそんなに大きくなく、筋肉もまだ成長過程なのかなと感じましたが、柔らかくスムーズに歩いている印象で良さげです。

残念ながら予算オーバーですので私は見送り予定。

12.サンソヴールの19

エピファネイア産駒の牡馬。

母8歳時の仔で2番仔。

デアリングタクトと同じ母父キングカメハメハのエピファネイア産駒ですし、馬体重は小さいもののその他の測尺の数字は良い感じ、更にノーザンファーム産なのでこちらも人気しそう。

体重に関しては牡馬ですし、これからの成長に期待ですね。

歩様も綺麗で好きな感じ。

予算があればチャレンジしたかったですが、1口90万は今年は出せず(^^;

13.スペルバインドの19

こちらは白老ファーム産のエピファネイア牝馬。

母14歳時の仔ですが、兄姉の成績は今ひとつみたいですね。

測尺は充分で立ち姿や歩様もそんなに悪い感じはしませんが、もうちょっと元気に歩いてる方が好みかなぁと思いますので見送り予定。

14.ビートリックスキッドの19

ジャスタウェイ産駒の牡馬。

姉に中日新聞杯ウイナーのサトノガーネット。

綺麗な馬で歩様も良い感じ。

良さそうなんですが、戸田厩舎は実は私の数少ないNG厩舎になっていまして出資は見送り。

15.クリッパールートの19

ジャスタウェイ産駒の牝馬。

気の強そうな顔つきしてますね。

母の初仔になるようでそのためかやや小柄。
因みに20年産はシルバーステートを付けているようですね。

トモの形なのか、ジャスタウェイにあまり惹かれてないのか、特に大きなネガティブ要素も感じないのですが、行ききらないのに見送りきれない、不思議な感想の馬。

一応残しておいて再検討ですかね。

16.アナンジュパスの19

モーリス産駒の牡馬。

母10歳時の仔で兄姉はまだ勝ち星無しみたいですね。

測尺申し分なく、歩様も柔らかく筋肉の感じも良さそうで、白老ファーム生産のノーザンファーム育成になるようですから人気は出そうですね。

モーリス産駒は18年産産駒で1頭出資していて、その様子を見てからでも良いかなぁと考えていますので見送り予定。

17.ガーネットチャームの19

こちらもモーリス産駒の牡馬。

母は募集番号10番クィーンチャームの姉ですね。

モーリスは身体の柔らかさ(≒緩さ)や晩成っぽさからハービンジャーと似ているのでは?などとも言われており、こちらも近親ペルシアンナイトを意識した配合ということなんですかね?

測尺控えめですが5月生まれの牡馬ですしまだまだこれからではないでしょうか。

歩様も良い感じしますが、モーリス産駒に関しては先程のアナンジュパス19同様この感じが良いのかそうでも無いのか様子見予定なので私は見送りで。

18.ユードントラヴミーの19

キタサンブラック初年度産駒の牝馬。

母10歳時の仔。

脚が長くて立派な馬体ですよね。

測尺も良く歩様も良い感じの印象。

更にノーザンファーム生産で価格もお手頃であることから人気になりそうな仔です。

ただ友人と話していた時言われて気付いたのですが、もし産駒もキタサンブラックのようなステイヤーが多く出るとしたらレースの選択肢は狭くなりそうなんですよね。

一応候補には残しますが、ちょっと悩む1頭。

悩んでる間に満口なりそうですけどね。

19.オネストリーダーリンの19

ドレフォン初年度産駒の牡馬。

母がちょっと高齢で21歳時の仔ですね。

立ち姿はカッコよく、歩様もちょっとゆっくりな気がしますが悪くは無い印象。

母の年齢は気になりますが、半姉の募集総額が(父が種付料の安いドリームジャーニーではありましたが)1200万だったことを考えるとこの仔の総額2200万は強気な印象ですし、クラブとしてもそれなりに自信のある馬なのかもしれないですよね。

微妙な価格なんですが、一応候補に残しておいてもう1回検討かなと考えている1頭。

※6/16 故障の為募集中止とのアナウンスがされました。
残念です…

20.スリールドランジュの19

こちらもドレフォン初年度産駒。

母8歳時の仔で牝馬。

管囲18.8は馬体重も小さいとは言え少し細いかなぁと感じてしまいますよね。

歩様はトモの筋肉周りは悪くないような気もします。
前傾姿勢に見えるのはトモ高だからですかね?

個人的にはもうちょっと元気に歩く感じの方が好みですし、やんわりNGにしている母現役時代未勝利に該当する為見送り予定です。

ノーザンファーム産でこの価格ですから、測尺や母成績を嫌って人気が落ちるようなら面白そうな仔だなとは思いますけどね。

今回のまとめ

何頭か候補に残す馬も出てきました。

私は確かに新種牡馬好きではあるのですが、今回のG1募集ってそもそも低価格帯に新種牡馬の産駒が多いので、低予算で探していると自然と新種牡馬の仔が多く候補に残りそうですよね。


次回で美浦の募集馬完了予定です。

昨年は応援の行きやすさから栗東に絞って探したのですが、今回のコロナのようなことがあればどっちでもあまり関係ないなと思ったので今年は東西には拘っていません。

良い仔が見つかると良いなぁと思います(^_^)


※募集情報はクラブホームページ(G1 Thoroughbred Club ジーワンサラブレッドクラブ)より。
許可をいただき掲載しております。