一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

シルクHC2019年度募集馬全頭評価:栗東37-44

どうも、シルク2019年度募集馬(2018年産世代)の全頭一言評価に挑戦中のクロキリです。

前回記事までに美浦の募集馬を完了。
この記事から栗東に入っていきます。

早速行ってみましょう。

※あくまでも「私クロキリが出資するとしたら?」という前提で見た個人的な評価です。
参考にしていただいても構いませんが結果に責任はとれません。

加えて勉強不足な点や間違った見解も多々あるかと思いますが笑ってスルーしてくださると幸いです。




募集番号1-36

美浦募集馬はこちら
www.g1-kurokiri.com

37.ダストアンドダイヤモンズの18

ディープインパクト産駒の牡馬。

5月うまれと遅生まれの部類。
顔つき、馬体ともピンと来ず更に募集総額1億円。

それに見合うほどの仔には個人的には見えないため見送りで。

というか、もしかしたら私はディープインパクト産駒自体に惹かれにくいような気がしてきました。

38.ヘアキティーの18

ディープインパクト産駒の牝馬。

顔つきは良い感じかなと思うもののやはり馬体はピンと来ず。

ディープインパクトの牝馬はスレンダーで良いと聞くのでこの形は悪くないのかもしれませんが、やはり募集総額7000万に見合うとはちょっと思えないため私は見送り予定。

これが走るなら仕方ない。

中内田厩舎の馬に1度出資してみたいなぁというのはありますけどね。

39.パレスルーマーの18

ディープインパクト産駒の牡馬。

パレスマリスという海外G1を勝っている半兄がいて、一口馬主DBさんのニックス診断もなかなかの成績。

しかし顔つき、馬体ともに同じディープ牝馬なら先程のヘアキティー2018の方が良く見えるためあちらが見送りならこちらも見送り。

40.カラフルブラッサムの18

キングカメハメハ産駒の牝馬。

測尺は小さめ。
体つきもがっしりとはしていないものの、キングカメハメハ産駒も(特に後ろは)それほどがっしりしていない仔の方が走っているようですし、貧相という感じではなさそう。

顔つきも好みの感じですし、ニックス診断も割と好成績。
募集総額も3000万と高い方ではありません。

管囲19.0cm、馬体重382㎏をどう判断するかですかねぇ…

41.ローブティサージュの18

ハーツクライ産駒の牡馬。

測尺は申し分なく、現役時代にローブティサージュを管理されていた須貝厩舎。

ニックス診断も悪くありませんが、募集総額7000万に対して顔つきと馬体には特にピンと来ず。

特に顔はあまり好みではないですね。
見送り予定です。

42.サミターの18

ハーツクライ産駒の牝馬。

半兄にダノンチェイサーがいてニックス診断も好成績。
馬体も悪くないように見えますが管囲18.8cm、馬体重372㎏と小柄ですね。

募集総額4000万と価格は割と強気な設定でちょっとチャレンジするには怖いかなと感じるのと、顔つきが好みではないので見送る予定。

43.ストゥデンテッサの18

ハーツクライ産駒の牝馬。

測尺は良い感じで価格もお手頃ですが、顔つき馬体ともに好みの感じではないため私は見送りで。

44.パーシステントリーの18

ダイワメジャー産駒の牡馬。

馬体重416㎏はそこそこですが、管囲21.3cmの4月うまれ。
まだまだ大きくなる可能性はありそうですよね。

馬体も筋肉質で良さそうに見えますし、募集総額4000万も納得の雰囲気。
人気でますかねぇ。

ただ私はなんとなく顔が好みではない点、一口馬主DBさんでのニックス診断があまり芳しくない点、兄や姉達が期待ほどには活躍しきれていないように感じる点等が気になりますので見送る予定。

今年は顔つきが気に入るかどうかをちょっと重視しています。

今回分のクロキリ感想

本日は8頭。
ちょっと見送り多かったですね。

全頭チェックも後半に入り、フラットに見ようとはしているものの前半の馬たちが基準として頭に少しは入っているでしょうから、そのために見送りの判断が出やすくなっているのでしょう。

本日25日は投票数の中間発表もある予定ですよね。

中間発表をこのブログに載せるかはわかりませんが、申し込みに影響を与えてくることは間違いありませんから注目ですよね。

また変な時間に更新くるんでしょうか?
私は見ての通り申し込み馬はまだ全然きまっていませんが、楽しみに待ちたいと思います!

※募集馬情報はシルクHCホームページより。
許可をいただき掲載しております。