一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

シルク2歳馬ハーモニクス本州移動へ!武市厩舎とは

シルクHCでの出資2歳馬ハーモニクスの入厩が発表されました。

この世代の出資馬移動第1号!

トレセンで待つ武市先生とはどのような方なのでしょうか。
少し見てみましょう。



ハーモニクス

f:id:kurokiri-G1:20190402005051j:plain
ハーモニクス(2019年3月撮影)シルクHCホームページより。許可をいただき掲載しております。

2歳牝馬
キンシャサノキセキ×アコースティクス
(アコースティクスの2017)
ノーザンファーム産
関東)武市厩舎

更新情報

25日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、26日(金)に美浦・武市康男厩舎へ入厩する予定です。

武市康男先生とは

1971年生まれ。
免許取得は2006年とありますから今年で13年目の調教師さんということですね。

通算勝利は平地で151、障害を合わせると161。

2017年にシンキングダンサーで東京ジャンプS(J-G3)を勝っているのがこれまで唯一の重賞勝利のようです。

シンキングダンサーは先日の中山グランドジャンプでオジュウチョウサンの2着に入った馬ですね。
近走成績も安定しており、障害の有力馬の一角と言えそうです。


クラブ馬ではシルクのグランドサッシュが代表格。
クラスは1600万下ですが賞金は1億以上稼いでいる4勝馬。

一口での募集総額は1800万だったようです。
ハーモニクスは2000万でした。

シルクの値付けもここ数年で上がっているでしょうから一概に同じくらいの前評価の馬とは言えないかもしれませんが、決して高額とは言えない馬で結果を出している実績があるというのは頼もしいですね!

クロキリの感想

出資直後の育成厩舎への移動からずっと順調できていたハーモニクス。
そのまま足踏みすることもなく本州移動まできてくれました。

出資する時は間もあいてますしあまり意識していなかったロジユニヴァースの半妹という事実が、ここまで順調だと少しずつ自分の中で期待に変わっていっているのを感じています。

兄レベルまでとはいかなくても、是非多くの競馬ファンの方に名を知られるような走りを見せてほしいですね!

とりあえずはゲート試験うけてその後天栄かな?
怪我や病気をすることなく元気に進んでいって欲しいなと思います!


※厩舎情報はJRAホームページ、netkeibaさんを参照しました。
※画像・コメントはシルクHC様ホームページより。
許可をいただき掲載しております。