一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

5/8最新!シルクHC追加募集2019(2017世代)会員先行受付決着!!

大盛況のシルク追加募集、会員先行受付の結果と実績ボーダーが公開されました。

早速見てみましょう。


会員先行申込み最終結果

(馬名) ◆4/29中間発表→5/1中間発表→5/3発表→5/5発表→5/8発表
実績ボーダー

76.ハルーワソングの17
◆500口以上→1300口以上→1500口以上→1800口以上→2300口
ボーダー:179万8千円

78.シーハングザムーンの17
◆450口以上→650口以上→800口以上→900口以上→1338口
ボーダー:169万8千円

75.ローブティサージュの17
◆500口以上→800口以上→950口以上→1000口以上→1256口
ボーダー:159万8千円

72.マイティースルーの17
◆450口以上→650口以上→800口以上→900口以上→1205口
ボーダー:152万2千円

74.ポエティックリッチーズの17
◆300口以上→350口以上→450口以上→500口以上→778口
ボーダー:81万4千円

73.ティアラトウショウの17
◆350口以上→400口以上→500口以上→550口以上→733口
ボーダー:47万4千円

77.マチカネタマカズラの17
◆250口以上→350口以上→400口以上→400口以上→558口
ボーダー:45万2千円

※上記7頭は会員先行募集で満口。
以下1頭のみが一般募集へ。

71.レインボークォーツの17
◆250口以上→300口以上→350口以上→350口以上→??
ボーダー:500口を超えなかった為発表無し。

今回のラインナップ

レインボークォーツの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082224p:plain

牡馬 ノーザンファーム産
父ジャスタウェイ
一口6万円(500口)
関東)田村厩舎

体高:163.0㎝
胸囲:183.0㎝
管囲:20.0㎝
体重:477㎏

マイティースルーの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082252p:plain

牡馬 ノーザンファーム産
父ゴールドアリュール
一口5万円
関東)栗田厩舎

体高:169.0㎝
胸囲:187.0㎝
管囲:21.0㎝
体重:516㎏

ティアラトウショウの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082323p:plain

牡馬 ノーザンレーシング産
父ダノンシャンティ
一口3.2万円
関東)池上厩舎

体高:161.0㎝
胸囲:190.0㎝
管囲:19.0㎝
体重:487㎏

ポエティックリッチーズの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082349p:plain

牡馬 アメリカ産
父summer front
一口5.6万円
関東)萩原厩舎

体高:158.0㎝
胸囲:186.0㎝
管囲:21.2㎝
体重:505㎏

ローブティサージュの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082418p:plain

牡馬 ノーザンファーム産
父オルフェーヴル
一口10万円
関西)須貝厩舎

体高:158.0㎝
胸囲:179.0㎝
管囲:20.0㎝
体重:454㎏

ハルーワソングの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082441p:plain

牡馬 ノーザンファーム産
父ワールドエース
一口4万円
関西)友道厩舎

体高:157.5㎝
胸囲:178.0㎝
管囲:19.5㎝
体重:433㎏

マチカネタマカズラの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082504p:plain

牝馬 ノーザンファーム産
父ゴールドアリュール
一口3.2万円
関西)奥村厩舎

体高:162.0㎝
胸囲:180.0㎝
管囲:19.5㎝
体重:446㎏

シーハングザムーンの2017

f:id:kurokiri-G1:20190422082529p:plain

牡馬 アメリカ産
父Cairo Prince
一口6.4万円
関西)松永厩舎

体高:162.0㎝
胸囲:195.0㎝
管囲:20.0㎝
体重:500㎏

募集スケジュール

・会員先行
2019/4/26(金)10:00~2019/5/7(火)10:00
通常募集同様300口実績順+200口抽選。
抽優権なし。

・上記で満口にならなかった場合
2019/5/13(月)より先着順。

クロキリの感想

ハルーワソングの17がトップのまま終了しました。
ボーダー179万ですか…3年間の通算のはずなので、1年あたり60万以上をシルクの出資に使っていれば今回勝てたということですよね。

因みにこの2017世代の1次募集での実績ボーダーが一番高かった馬はオルフェーブル産駒のアイムユアーズの17(モーベット)で1061万8千円でした。

今回は追加募集ですから一概に比較はできませんが、流石に1次募集と比べると大人しい金額でしたね。
や、それでも私には考えられない額ですが…(^^;

高実績組があまり動かなかったのではと予想されます。
まぁ1歳馬募集直前のタイミングですしね。


票数を見てみると、シーハングザムーンの17の票がかなり伸びていました。
立派な馬格を誇り、写真で見るより動画の方がカッコよく見えましたがその辺が人気だったのでしょうか?

私もマル外は何となく好きなので活躍に期待したいと思います。


各馬当選者の皆様、おめでとうございます!!
残念な結果だった皆様にも、また次の機会に良い縁があることを祈っています!


※募集馬画像・情報はシルクHCホームページより。
許可をいただき掲載しております。