一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

いったん放牧へ!シルク出資3歳馬プランドルアンテ近況(2020/06/17)

シルク出資3歳馬で、デビュー戦後右前肢に剥離骨折で手術、先日函館開催で復帰を果たしましたプランドルアンテ
6月17日に近況が更新されました。

早速確認してみましょう。




プランドルアンテ

f:id:kurokiri-G1:20200617215002j:plain
プランドルアンテ 2020/6月撮影。シルクHCホームページより。許可をいただき掲載しております。

3歳牝馬
siyouni×テーブルロンド
(テーブルロンドの2017)
ノーザンファーム産
関西)友道厩舎

私クロキリの2018年募集抽優権使用馬!
初の友道厩舎預託馬!

レース結果

6/14(日)函館2R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕14着[14人気]

まずまずのスタートから無理せず後方を追走します。

向こう正面で中団まで押し上げていきますが、ペースが上がったところで置かれ気味になり、約6ヵ月振りとなるレースは後方で流れ込んでいます。

なお、「タイムオーバーによる出走制限」のため、令和2年7月14日まで平地競走に出走できません。

レース後 友道康夫調教師コメント

「馬体重は22kg増えていましたが、決して太目感はなく、胴が伸びて一回り大きくなっていたので成長分と捉えて良いでしょう。

捌きが硬いことから、テンから急がせるより馬のリズムを大事にしてレースを運んでほしいとオーダーしていましたが、その通りのレースをしてくれたと思います。

ただ、流れが速くなったところで脚が上がってしまいましたね。

レース後、藤岡康太騎手に聞いたところ、
最初から急がせると捌きの硬さからフォームがバラバラになってしまいそうでしたので、リズムを整えながら途中から動いて行きました。
道中は自分からハミを取って進んで行こうとする気持ちを見せていましたが、それに体がついてこない感じでした。
ペースが上がったところではもう余力がなく、こちらがしっかり抱えてあげないといけないほどでしたから、最後は無理をさせませんでした

と言っていました。

前走から6ヵ月以上休んでいたこともあって、最後は疲れてしまいましたが、気持ちは走る方に向いていましたから、一度使ったことでピリッとしてくるはずです。

ただ、タイムオーバーの出走制限を課されて7月14日まで使えないので、一旦ノーザンファーム早来へ戻して1ヵ月後のレースを目標に立て直してもらいます。

未勝利戦が終わるまであまり時間がありませんが、何とか勝ち上がれるように牧場サイドと連携を取って行きたいと思います」

6/17 更新内容

在厩場所:17日に北海道・ノーザンファーム早来へ放牧

調教内容:

次走予定:未定

友道康夫調教師コメント

「レース後はさすがに疲れが見られましたが、脚元など特に問題ありませんでした。

骨折休養明けでもありましたし、まだ中身がしっかり出来ていないところがあったので、今回の競馬でピリッとしてくるはずです。

本当なら使いつつ良くしていきたいと考えていましたが、タイムオーバーの出走制限を課されてしまいましたので、一旦ノーザンファーム早来へ戻して、コンディションを整えてもらうことにしました。

放牧に出した後も問題なければすぐ戻し、1ヵ月後のレースを目標に進めて行きたいと考えています」

クロキリ感想

まずまずのスタートをして、道中も動いて行ったなぁと思ってた最後はいつの間にかあんなに後ろにいて、怪我の再発か?と心配になりましたが、なるほど久しぶりの1戦でバテてしまい、藤岡騎手も無理をさせないでくれたためにあのような大敗になったんですね。

流石に負けすぎたのでこのまま見限られてしまう可能性も頭に浮かんでいましたが、何とか出走停止明けにチャンスをいただけるようです。

前向きな性格ではあるようですので、少し間隔があいてしまいますがこのレースを是非良い経験にして、1ヶ月はもっと良い走りをみせてほしいですね。

次回更新も楽しみに待ちたいと思います。

とりあえずお疲れ様、プランドルアンテ!


※画像・コメントはシルクHC様ホームページより。
許可をいただき掲載しております。