一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!5クラブ掛け持ちの一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。

1400こなすも…シルク出資3歳馬セブンシーズ近況(2021/05/24)

シルクのこの世代唯一の出資馬セブンシーズ、5戦目を終えて最新の近況が更新されました。

早速確認してみましょう。




セブンシーズ

f:id:kurokiri-G1:20210503215827j:plain
セブンシーズ 2021年5月撮影。シルクHCホームページより。許可をいただき掲載しております。

3歳 牝馬
ハービンジャー×ライツェント
(ライツェントの2018)
ノーザンファーム産
関東)鹿戸雄一厩舎

最も好きな種牡馬であるハービンジャーの仔!
ハービンジャー産駒初のG1複数勝利馬ディアドラの全妹!

レース結果

5/23(日)東京3R 3歳未勝利〔芝1,400m・18頭〕4着[1人気]

シャドーロール着用。

前走と同じ5枠10番ゲートから、五分のスタートを切ります。

折り合いに専念して後方で脚を溜めると、馬群を捌きながら追い込んで、3戦連続で掲示板を確保しています。

鹿戸雄一調教師コメント

「前走のマイル戦でかなり行きたがるような走りになっていたことから、ルメール騎手の進言もあって、今回は1,400m戦を使わせていただきました。

また、初めて続けて使うことになったものの、中間の飼い葉食いは良かったですし、レース当日もパドックや返し馬は非常にスムーズでしたから、あとはレースでもこのまま落ち着いて走ることが出来れば、良い勝負になると思っていたのですが…。

ルメール騎手は前走を踏まえて丁寧に乗ってくれたものの、勝負所のポジションが悪かったですね。

直線も脚は使っていますが、勝ち馬のような決め手はありませんから、さすがに届きませんでした。

レース後、ジョッキーは
『スタートしてから狭いところに突っ込んで行ったことで、道中で両サイドから挟まれるような格好になり、位置を下げるしかありませんでした。
最後まで伸びているものの、そのロスが響いてしまいましたね…。
前走よりも乗り易かったので、距離はやはり1,400mが合っていると思います』

と話していました。

再び優先出走権を手にしましたが、まずはトレセンへ戻ってから心身の状態を確認した後、今後のことを検討したいと思います」

クロキリの感想

更新内容にもある通り、前走よりは道中もマシだったように感じますが、位置が良くなかったですね…

勝てなかったことに落胆してしまってレース直後にはなかなかそう思えなかったのですが、冷静に振り返ってみると良くあそこから4着までいけたなというくらいのレースで、今回もしっかり頑張ってくれたんだなと思います。

1400が忙しいということもなさそうですよね。

在厩での続戦もこなしてくれたことでレース後毎回必ず放牧、というこれまでのような使われ方は今後変わってくるかもなと期待できそうですが、今回に関しては一度放牧ですかね?

引き続き東京に拘られるのであれば東京開催6月末までありますのでもう1走という可能性も無くはなさそうですが…
確か優先出走権が有効なのもそのくらいまでですよね?

鹿戸先生の判断に注目して次回更新を待ちたいと思います!

お疲れ様セブンシーズ!


※画像・コメントはシルクHC様ホームページより。
許可をいただき掲載しております。