一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!5クラブ掛け持ちの一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

シルク出資2歳馬インディゴブラック、2走目終え放牧へ(2021/11/24)

シルク出資2歳馬でキタサンブラックの初年度産駒インディゴブラック、2走目を終え最新の近況が公開されていました。

早速確認してみましょう。




インディゴブラック

f:id:kurokiri-G1:20211125221227j:plain
インディゴブラック(2021/11)シルクHCホームページより。許可をいただき掲載しております。

2歳牡馬
キタサンブラック×カーニバルダクス
(カーニバルダクスの19)
ノーザンファーム産
関西)奥村豊厩舎

キタサンブラック初年度産駒!

レース結果

11/21(日)阪神3R 2歳未勝利〔芝2,000m・11頭〕6着[2人気]

やや立ち遅れ気味にゲートを出ると、行きたがるのを宥めながら中団を追走します。

そのまま最後の直線コースへ向くと、ジリジリと伸びて6着に上がったところでゴールしています。

2021/11/22 奥村豊調教師コメント

「前走から続戦となりましたが、気持ちが入り過ぎることはなく、阪神競馬場に到着後もトレセン時と変わりない雰囲気でしたし、前走以上に気配が良いなと感じていました。

ジョッキーにはストライドが大きな馬なので、のびのびと走らせて欲しいと伝えていましたが、スタートがモッサリだったことに加えて、終始窮屈なところでレースを運ぶことになってしまいましたね、

レース後、C.ルメール騎手にどうだったか確認したところ、
ゲート内で丁度後ろにもたれ掛かったところで扉が開いてしまい、スッと良いポジションに取り付けることが出来ませんでした。
それに、ペースが遅いことに加えて窮屈なところに入ってしまい、この馬の良さを引き出せないままレースを終えてしまいました

とコメントしていました。

スローペースでも自分から動いていくような競馬が出来ていれば違った結果になっていたと思いますが、動きたいところで動けず、瞬発力勝負になってしまったことで、分が悪かったですね。

上積みが感じられていただけに、残念な競馬になってしまいましたが、決して力負けではないですから、次走に期待したいと思います。

この後はトレセンに戻って状態を確認したうえで、相談させていただきます」

2021/11/24 更新情報

在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定

調教内容:軽めの調整

次走予定:未定

2021/11/24 奥村豊調教師コメント

「ストライドが大きな馬だけに、先週のように終始窮屈な競馬になってしまうと厳しいです。

馬には前に行こうとする気持ちがあったものの、動くに動けない状況でしたからね。

現状はゆったりとした距離で自分のペースでのびのび走らせるのが良いと思います。

レース後も脚元含めて気になるところはなく、体調も問題ありませんでしたが、新馬戦から続けて使ってきたこともありますので、この後は無理せず放牧に出す予定です」

クロキリの感想

ルメール騎手を手配し、かなり期待していたレースでしたがスタートがあまりうまく行かず。

その後は内枠だったこともあり馬群の中に入ってしまい、直線に入るまでほぼ全くと言って良いほど進路が開かないまま終了という恐らく誰が乗っていてもなんの変化もなかっただろうなという結果に終わってしまいました。

全く力を発揮した感もなく、とにかく不完全燃焼感の物凄いレースでしたね…


脚元も体調も問題ないならそこで続戦するのは無理でもなんでもないのでは?と思いますが、まぁここは馬房の問題とか奥村先生の考えというよりは、クラブの入厩制限や牧場の方針との兼ね合いで勝てなければ(もしかしたら勝ってても?)レース後は放牧にと決まっていたのかもしれません。

新馬戦負けてから続戦してくれただけでもシルクの馬にしては珍しいなと思っていたくらいですからね。

そんなに消耗していなさそうなレースだっただけに何か勿体ない気もするのですが、この放牧が成長のための有意義な期間になると良いなと思います。

しかし、インディゴブラックに前走乗ってくださっていた川田騎手に勝たれてしまったのはちょっと悔しかったですね(^^;

川田騎手、ルメール騎手の豪華リレーで勝てなかったのは残念ですが、2走とも勝ち馬との着差は1秒未満で全く通用しなかったというわけではなさそう。
仕切り直して次こそ1つ勝ち星をあげてもらいたいなと思います。

とりあえずお疲れ様インディゴブラック!

次走も楽しみです!


※画像・コメントはシルクHC様ホームページより。
許可をいただき掲載しております。