一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

ワラウカド出資2歳馬、ナンナ近況(2019/1101)

ワラウカドでの出資2歳馬で、ゴールドシップの初年度産駒世代ナンナの近況が更新されていました。

先週のナンナはどんな様子だったのか。

早速確認してみましょう。




ナンナ

f:id:kurokiri-G1:20190525140612j:plain
ナンナ。ワラウカドHPより。許可をいただき掲載しております。

2歳 牝馬
ゴールドシップ×ナン
(ナンの2017)
パカパカファーム産
関東)国枝厩舎

ゴールドシップ初年度産駒!
出資馬初の芦毛馬!
初の国枝厩舎!

ファンタストクラブさんコメント

今週は火曜・金曜に屋内ダートコースをキャンターで3周させた後、ウッドチップ坂路単走で15/F 1本の調教を行い、それ以外の日には屋内ダートコースをキャンターで3〜4周の調教を行いました。

先週もお伝えしましたが、思い通りの調教をこなせるようになっており、脚元の不安も今はありません。

かなり攻めておりますので、馬体も締まってきましたので現在は505kg前後になっておりますが、痩せている訳ではないのでこの変化は心配ありません。

これ以上はガンガンやる必要はないレベルにきており、いつでも移動できるので、調教師の指示を待ちながら調子を維持するよう乗って行きます。


*国枝調教師とクラブとでナンナの移動について先週末の競馬場で話しをし、近々移動させるつもりでおり、このタイミングであれば年内中山でのデビューも行けるのではないかと思うのですが、まずは手元で見てから判断させてくださいとのことでした。

クロキリ感想

先週「育成としてできることがあまり残されていない」とおっしゃっていた言葉通り、今週の更新でも特別変わったことをしている様子もなく現状維持につとめているような調教内容でした。

あまり馬体重が重すぎるのも心配になってしまうので、今回少し絞れている様子なのも個人的には好印象ですね。

年内中山、という見通しも出ているようです。
確かゲートは今のところ不安は無かったはずですが、ゴールドシップ産駒であることを考えると何となくいらない心配をしてしまいますね

まずは怪我なく移動し、スムーズにゲート試験を突破してくれたら良いなと思います!

次回更新も楽しみです。


※記事内の出資馬画像、コメントはクラブホームページ(
https://www.waraukado.club/
)より。
許可をいただき掲載しています。