一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!5クラブ掛け持ちの一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

ワラウカド出資3歳馬セルフエスティーム近況(2022/06/24)

ワラウカドの2019年産世代出資馬、セルフプリザヴェーション19ことセルフエスティーム、DDSPの手術からの復帰戦を終えて放牧に出ていますが、最新の近況が更新されていました。

早速確認していきましょう。




 

セルフエスティーム

セルフエスティーム。2021/09 クラブ公式HPより。許可をいただき掲載しております。

3歳 牝馬
ハービンジャー×セルフプリザヴェーション
(セルフプリザヴェーションの2019)
パカパカファーム産
関西)寺島良厩舎

私のハービンジャー産駒への出資はこの仔で3世代連続!
寺島厩舎預託馬への出資は2世代連続!

2022/06/23 更新情報

寺島調教師より連絡があり、セルフエスティームは明日入厩させるとのことです。

寺島調教師コメント

「宇治田原で15-15をこなせているとのことで、若干の歩様の固さは残っているものの、この時期ですのでトレセンに入れてレースを目指したいと思っておりました。

幸い、明日の検疫のキャンセル待ちが取れましたので、進めさせて頂きたいと思います」

2022/06/24 宇治田原ステーブルさんコメント

今週はトラックをハッキングと坂路18/Fをメインに調教を行い、火曜日には坂路15-15で登坂させています。

15-15を行った後ということもあり、水曜日はトラックを3周キャンターとハッキング程度で乗っています。

歩様のコトコトした感じは引き続きあり、ケアをしながら調整を続けていました。

獣医師のチェックを受け、この程度なら入厩させても問題はないとの判断と調教師からの指示もあり、今朝トレーニングセンターに向けて出発しています。

クロキリの感想

喉の蓋のようになっている所の病気であるDDSPの症状が見られ2月頭に手術に踏み切ったセルフエスティーム。

4月16日に挑んだ復帰戦後、疲労をとるため出た放牧先で歩様に乱れが出てしまい少し間隔をあけていましたが、未勝利戦のタイムリミットも迫るなかトレセン入りさせて進めることになったようです。

相変わらず歩様はスムーズではないようで最早見慣れたコトコトという表現がされていますが、これどうなんでしょうねー?

問題無いという獣医師の先生のご判断は調教くらいならということなのか、レースでも力が発揮できるレベルでということなのか。

寺島先生のご判断次第ということになるんですかね。

時期的に大きく負けてしまうようなら引退もあるだろうなという時期。

勿論無事が一番ではあるのですが、ダートが苦手な仔が多いハービンジャー産駒ということもあり地方での活躍は正直あまり期待できなさそうであることから、競走馬としてはこれからの1-2戦の結果が超重要ということに。

勝ち上がりにむけて、なんとかうまく進んでいってくれると良いですね。

セルフエスティームの無事と健闘を祈りつつ、次走を楽しみに待ちたいと思います!


※出資馬画像、コメントはクラブホームページ(https://www.waraukado.club/)より。
許可をいただき掲載しています。