一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!5クラブ掛け持ちの一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

ワラウカド1歳馬募集2021!全頭一言評価と今年の申込馬

今年もいよいよ始まりましたワラウカド2021年度募集(2020年産世代募集)!

今回も振り返り用に各馬への私の感想と申し込み馬を記事にしておきたいと思います。
早速いってみましょう!

f:id:kurokiri-G1:20211003122212j:plain

※私クロキリの出資検討の一環であり、勉強と振り返り用です。
参考にしていただいても構いませんが責任は一切とれません。

※複数クラブを掛け持ちしていることもあり見送りを連発していますが、あくまでも私の好みと総予算額・事前に決めている出資頭数の問題ですので見送った馬がダメというわけでは勿論ありません。

皆様の推し馬をバサッと見送ってしまうかもしれませんがお許しください。

※間違った見解、勉強不足な点等多々あるかと思いますが、笑ってスルーしていただけると幸いです。




栗東募集馬

601.キトゥンズロアの2020

フランケル産駒の牡馬。

アメリカで重賞含む7勝を挙げている母の初仔で、ワラウカド初のマル外募集馬の1頭。

測尺申し分なし、厩舎も矢作先生のところ、立派な馬体と力強い歩き…ディープインパクト産駒がいなくなったラインナップにおいて、いかにも今年の目玉!という感じの位置づけの仔と言えるのではないでしょうか。

ただ価格の方も総額8500万と流石になかなか高額。

ワラウカドは高額になったディープ産駒のみ500口ではなく1000口募集にしたこともあったのでそのパターンがあるかな?と思っていましたが普通に500口で来ましたね。

価格設定自体は仕方ないかなとは思っているのですが、やはり流石に予算オーバーかなと感じるため見送り予定です。

602.ヴェイルドイントリーグの2020

ガリレオ産駒で現役時代にG1を4つ勝っているチャーチル産駒の牡馬。

ワラウカド初のマル外募集馬のもう1頭。

こちらも測尺充分、藤原厩舎預託と期待されている感じしますよね。

トモの辺りとか筋肉はもう少ししっかりしている方が良いのかなと思いつつ、スムーズに柔らかく歩けている印象で割と好印象だったのですが、1頭に絞ろうと考えている今年のワラウカド。
この後もっと気に入った仔が出てきてしまったため見送り予定です。

604.プリンセスプリンセスの2020

モーリス産駒の牡馬。

海外で2勝を挙げている母の初仔。

測尺充分でバランス良さそうな印象の馬体。

クロノジェネシスも管理されている斎藤先生、まだ39歳らしいのですが4年連続20勝以上と好調で良さげですよねー。

首を使って柔らかくスムーズに歩けていますが、もう少し筋肉がしっかりしている方が個人的に好みかなと思うので今回は見送り予定です。

605.ポウリナズラヴの2020

ハービンジャー産駒の牝馬。

母8歳時の仔でクラブ募集のディープ産駒ファベルの半妹。
カタログにはその名前しかありませんが、その一つ上にも残念ながら早世してしまったディープインパクト産駒がいましたので母の3番仔ですね。

測尺は充分。
募集時に馬体重500キロ超えというのはワラウカドでは最早普通という感じがしてしまいますが、意外にも(?)今年の募集馬では唯一みたいです。

脚が長く、全身を使って柔らかくスムーズに歩けていて、トモの感じも良い印象。

吉岡先生は開業2年目だそうですが角居厩舎等でも働かれていたようですし、1年目から2桁勝利を挙げておられる期待の若手調教師さんと言えそうな方。

募集総額も2200万と安めの部類で、私がハービンジャー好きであることを差し引いても良い馬なんじゃないかなと感じています。

607.オールアイキャンセイイズワウの2020

レッドファルクス初年度産駒の牡馬。

母15歳時の仔で、半兄にはクラブ所属馬シェノンがいますね。

体高がやや低めに見える以外は十分な測尺。

スムーズに歩けている印象ですし綺麗な仔ですよね。

やや緩めかもしれませんが筋肉の感じも悪くない印象で、募集総額1200万ということも考えると面白いのではないかなと感じている1頭です。

動画のカメラアングルが何となく遠い気がするのは気のせいでしょうか?(^^;

美浦募集馬

603.アップワードスパイラルの2020

サトノダイヤモンド初年度産駒の牡馬。

母10歳時の仔。
クラブの募集馬で既に勝ち上がっている18年産駒スパイラルノヴァの半弟ですね。

スムーズに柔らかく歩けている印象で測尺も充分。

筋肉の感じも悪くなさそうで有力候補に考えていたのですが、この世代のサトノダイヤモンド産駒はキャロットの方で1頭出資できていたこともあり今回は他候補を優先しようかなと考え、見送りの予定です。

606.ボカイウヴァの2020

クラブ所属馬で出資馬であるヴァルガスとその全弟マテウスの全妹で三代連続モーリス産駒の3頭目。

その上にマテンロウヒーローというスクリーンヒーロー産駒がいるので4番仔ですね。

胸囲180.5cm、管囲19.5cm、馬体重465kgと普通のクラブなら十分と言えそうな測尺ですがワラウカドの中だとやや小さめに見えますね。
全兄達よりもちょっと小さそうですが、初の牝馬なのでその辺の違いかもしれません。

ヴァルガスのイメージがどうしてもあるからかもしれませんが、馬体の方もスマートな印象。

歩幅がひろい方では無さそうなので回転数あげて走るタイプでしょうか。
この辺りもヴァルガスとは違いそうです。

個人的にはもう少しガッシリしている方が好みなので見送り予定です。

出資馬の下ってまだ出資したことないので、「初」を意識してしまって自分の中でハードル上がってしまっている部分もあるかもしれません(^^;

私クロキリの出資馬と雑感

今年はやはり初のマル外募集が大きな変化であり、話題の中心でしょうか。

輸送費等もあるので価格設定が割高になるのはある程度仕方ないかと思いますが、流石に5クラブ掛け持ちしていると手が出にくいですね。

良い馬だとは思うのですが。


ワラウカドでの出資は第3世代からなので今年で4代目。

どうしても絞りきれず2頭いった昨年以外は1頭入魂で出資しており、今年もその方針で検討しました。

私の今年のワラウカド出資馬は…


f:id:kurokiri-G1:20211003123745p:plain

ポウリナズラヴの2020です!

今年で4世代連続4頭目(シルク&ワラウカドで2頭ずつ)となる推し種牡馬ハービンジャー産駒への出資。

競馬始めた年がモズカッチャン、ペルシアンナイト、ディアドラがG1を勝った年だったので私のなかではディープインパクト以外で初めて名前覚えた種牡馬で、現役時代は全く知りませんが思い入れがあるんですよね。

とはいえ最近はその思い入れの分かえって「ハービンジャーってだけで惹かれてるんじゃないか?」と考えるようになって、特に今年は他の仔より厳しめにみてたつもり。

そんななかでも選ぶことになった仔ということで、結果的にどうなるかはわかりませんがかなり期待している1頭です。


次点は今年の世代の募集が始まる前から注目していたレッドファルクス産駒であるオールアイキャンセイイズワウの2020ですね。

価格も考えると悪くない感じしますよね。

この後に控えるYGGの募集馬で考えているように出資しなかった場合は2頭目として検討するかもしれません。

この世代私まだ牝馬3頭で牡馬いってないですしね。


とはいえとりあえずはポウリナズラヴ20で!
まずは順調に育ってくれると良いなと思います(^_^)

ご一緒の方よろしくお願いします!


※募集情報はクラブホームページ(https://www.waraukado.club/)より。
許可をいただき掲載しております。