一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

YGGオーナーズクラブ2019年度募集馬全頭評価:栗東編

各クラブ2019年度募集が進んでいますね。

今週末にはいよいよYGGのカタログが発送予定。
私の入っているクラブでは1番最後の募集になります。

今回はそんなYGGの2019年度募集馬(2018年産世代)をシルク同様全頭一言評価してみたいと思います。

まずは栗東編です。
いってみましょう。

※カタログ到着後、印象が変われば加筆・修正する可能性があります。

※あくまでも「私クロキリが出資するとしたら?」という視点で見た個人的な評価です。
参考にしていただいても構いませんが、結果に責任はとれません。

加えて勉強不足な点や間違った見解も多々あるかと思いますが、笑ってスルーしてくださると幸いです。




マートンパークの18

モーリス初年度産駒の牡馬。

一般的に小さい仔が出やすいと言われる母の初仔ですが、測尺の数字で言えば今回のYGG募集馬のなかで一番立派な体格をしているのがこの仔ですね。

話題のモーリス産駒、日高の名門・下河辺牧場生産でファインニードルを担当した高橋義忠厩舎に預託予定と、YGGでは目玉級の1頭でしょう。
一口2.8万円(YGGは1000口募集)と募集馬最高額なのも納得です。

顔つきは結構好きな感じ。
サンデーサイレンスの4×3持ち。

繋ぎは立ち気味ですね。
モーリスは寝気味だったと思うのですが、そうなると誰似でしょうか?

馬体はとりあえずツヤツヤですね。

個人的にはグッとくるというほどではない(と言うかモーリス産駒って見た目良く見える仔が多くてこれを決め手にして良いのかわからない)ように感じていますが、栗東組の中では有力候補かなと思っている1頭です。

ブルーインザスカイの18

キンシャサノキセキ産駒の牡馬。

顔つき・馬体ともにあまり好みの感じでは無く、やんわりNGにしている「母現役時代未勝利」に該当する為、少なくとも私は見送りの予定。

4月後半の生まれで牡馬ですし、もう少し大きくはなりそうですよね。
成長待ちでしょうか。

動画は勉強中でよくわからないのですが、右前の返しがちょっと変わってる気もします。
気のせいですかね?

歩幅は少なくとも狭くはないですよね。
しかしやはり身体は小さくみえます。

シーユーサンデーの18

アジアエクスプレス初年度産駒の牡馬。

今回の栗東募集馬のなかでは最も母が高齢時の仔ですね。
ちょっと華奢に見えるような気もしますが、こちらも4月末生まれの牡馬なのでもう少しは成長に期待できるんじゃないかと思います。

募集総額が800万と安価なので、それを込みでどう考えるかというところですよね。

競馬番組で武豊騎手にいじられる姿をよくみる石橋守厩舎に預託予定。
一口クラブではあまり見かけない厩舎なので、彼のファンであればそれだけでも十分出資理由になりそう。

動画は最初落ち着きがないように見えたのですが、改めて見てみるとリズミカルに軽快に歩けているような気がしてきました。
要検討で様子見したい1頭。

サトノアスカの18

ドゥラメンテ初年度産駒の牝馬。
ミスタープロスペクター4×4持ち。

まさかYGGで話題のモーリス産駒とドゥラメンテ産駒両方がラインナップされるとは思っていませんでした。

顔つきは好きな感じ。

馬体はがっしりと言う感じではありませんが華奢という感じでもなく、悪くないように思われます。
直飛気味ですかね?

預託先の寺島厩舎は3年目の若い先生ですが、一口馬主DBさんによるとノーザンファーム空港に勤務されていたということですし、年々成績も上昇しており面白そうな方です。

母サトノアスカが現役時代未勝利というのは個人的に気になりますが、こちらも様子を見ておきたい1頭ですね。

デルマオサキの18

サウスヴィグラス最終世代の牝馬。

顔つきは好みの感じですが、この仔の母も現役時代未勝利なんですよね。
今回の栗東募集馬はこのパターンが多いです。

預託予定は松下厩舎。
矢作厩舎で働かれていた方なんですね。
カラクレナイやモズアトラクションでよくお名前を拝見するからか勝手にベテランの先生かと思っていたのですが、まだ30代後半とお若い方でした。

サウスヴィグラスならやはりダートだと思うのですが、今回の募集馬では他により気になっているダートっぽい仔がいるのでこちらは見送り予定。

今回分のクロキリ感想

以上、今回は栗東の5頭でした。

今年のYGG募集馬は新種牡馬が多いですよね。
新種牡馬好きな私としては嬉しいラインナップです。

ただ今回の栗東募集馬は美浦の募集馬よりそもそも数が少ない上に、個人的に緩くNGにしている「母現役時代未勝利」に該当する仔が3頭もいて、それほど重要視しているわけではないのですが本来関西馬の方が応援に行きやすい私としてはやや寂しいバランスでもありました。


候補としては石橋厩舎のアジアエクスプレス初年度産駒と、この世代の目玉候補と思われるマートンパーク18を検討リストに残そうかなと考えています。

母成績は気になりますが面白そうなサトノアスカ18も有力候補ですが、YGGは1000口募集ですし他クラブと比べれば余裕を持って検討ができますから、成長過程を見ながらどうしても気になればその時また検討、ということもできます。


カタログが待ち遠しいですね。
それまでに美浦編もやろうと思いますのでよろしければまた読んでやってください。

※美浦編やりました
www.g1-kurokiri.com


※募集馬情報はYGGホームページ(https://ygg-owners.jp/)、クラブ公式ブログ(
http://ygg-owners.blog.jp/
)より。
許可をいただき掲載しております。