一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

YGG出資1歳馬ブーケドロゼブルー18近況(2019/1227)

いよいよ年末も近くなり、各クラブ年内最終更新が出始めましたね。

今回はその中からYGG出資1歳馬でゴールドシップ産駒、ブーケドロゼブルー18の近況を確認したいと思います。

早速いってみましょう。




ブーケドロゼブルーの18

f:id:kurokiri-G1:20191228060051j:plain
ブーケドロゼブルー18。2019年12月撮影。YGGホームページより。許可をいただき掲載しております。


1歳 牡馬
ゴールドシップ×ブーケドロゼブルー
関東)畠山吉宏厩舎
加野牧場生産

ゴールドシップ第2世代!

12月27日 更新情報

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。

1600mのキャンターや坂路コースで1ハロン16~18秒のキャンターを中心に調整しています。

牧場担当者さんコメント

「坂路のラストはハロン15秒に届くようなペースまで上がってきています。

早くから乗り込んできたことでしっかり体力がついていて、この先の調教にも余裕を持てそうな印象です。

成長するにしたがって良いところも出て、能力を感じさせる走りを見せています。

飼葉をしっかり食べる男の子なので、非常にいいかたちで馬体も成長していると思います」

クロキリの一言

この世代のYGG馬の中では最も調教が順調に進んでいるうちの1頭であったことも出資の決め手の1つになったブーケドロゼブルー18。

今回の更新でも順調さは変わらず、坂路のラストは15秒に届くくらいとのこと!
これは良い感じですよね。

まだ最新の近況更新が出ていないシルクのライツェント18とG1のボンバルリーナ18次第ですが、私のこの世代の出資馬で最も順調である可能性があります。

同時に更新された測尺は体高165㎝、管囲20㎝、胸囲182㎝、馬体重453㎏
胸囲は4㎝ほど増えている以外は先月の更新時とほぼ変わりませんでした。

今後ますます調教はハードになっていきますが、飼葉食いも良いようで現時点では安心して見ていられますね。

馬体も綺麗だなと感じます。
が、相変わらず芦毛っぽくはないな(笑)

このまま怪我なく元気にすごしてほしいですね。
次回更新も楽しみです!


※画像・コメントはクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。