一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!5クラブ掛け持ちの一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。

ブルーローズシップ残念!しかし収穫も(2020/12/06)

YGG出資2歳馬でゴールドシップの第2世代産駒、ブーケドロゼブルー18ことブルーローズシップの近況更新が12月6日にありました。

早速確認してみましょう。




ブルーローズシップ

f:id:kurokiri-G1:20200428013553j:plain
ブルーローズシップ。2020年4月撮影。YGGホームページより。許可をいただき掲載しております。

2歳 牡馬
ゴールドシップ×ブーケドロゼブルー
(ブーケドロゼブルーの18)
関東)畠山吉宏厩舎
加野牧場生産

ゴールドシップ第2世代!
叔父にコスモバルク!

レース結果

12月6日(日)中山2R 2歳未勝利 ダ1800m戦に出走して9着でした。

畠山調教師コメント

「前半がなかなか進んで行かなかったですね。

未勝利としては1000m通過が1.02.8でしたので、遅くはなく普通に流れたペースでしたが、ちょっとその流れに後ろが付いてこない感じで(トモが)はまってこなかったようです。

前走の東京は向こう正面が遅い流れだったので位置取りが今日みたいな形にはなりませんでしたが、やっぱり競馬を経験している馬同士の普通の流れになってしまうと、現状は後ろの力のなさが出てしまいますね。

それでいて直線では(トモが)はまってくるとじわじわと最後まで伸びてはいました。

距離はやっぱりある程度あった方が良さそうですが、自身がもう少し体力強化をしていかないとという所ですね。

今日はマイナス4キロで450キロでしたが、体型や背丈からしたらあと20キロくらいは筋肉がついてボリュームが出てきてほしい所で、そうなってくれば体力、パワーも付いてきて、もう少し出脚のダッシュもきいてくると思います。

砂の方は外目の枠だったので、スタートから1コーナー、追い上げる段階でもそこまで被らずに行きましたが、直線では前の馬達も外側まで広がっていたので、内のほうから馬郡の中に入れざるを得ない形で、そこで前を走る馬達のキックバックを被った瞬間に嫌がる素振りを見せましたが、それでハミが抜けて前に行く気がそがれるという事はなく、一瞬だけで、そこからは普通に伸びて、鞍上の指示に従って前に前にと頑張ってくれたので、キックバック自体は大丈夫そうだと藤田騎手も話していました。

この後については馬の状態を確認して、3場開催は再来週までで、年末年始は2場開催が続くので、どれくらいの節が必要になるかを確認してから考えたいと思います。」

クロキリの一言

レースとしてはデビュー戦よりも色々上手く行かず、結果も良くなかった2走目になりましたが、畠山先生のコメントを見ていると前走より上手くいかないことが多かった分、課題と収穫がはっきりしたレースだったのかなと感じました。

調教では毎回終いの時計が出ないのが課題と言われているブルーローズシップですが、レースになるとむしろ最後は頑張って地味にですがじわじわ伸びてくれるんですよね。

毎回パドックでも言われているらしいパワー不足というのが現状1番の課題なんでしょうか。

ゴールドシップ産駒でパワー不足というのも意外な感じですが、無いのではなくまだ育ってないということなのかな?

その点、あと20kgくらい増えたら…と具体的な数字の見込みを示してくださっている点は畠山先生のコメント相変わらず面白いですね。

スタートから序盤のうちに前にいけるようになるともっと面白いレースしてくれる仔だと思いますので、ここからの成長に期待したいと思います。

とりあえずお疲れ様ブルーローズシップ!
無事なようで良かった!

次回更新も楽しみに待ちたいと思います(^_^)


※画像・コメントはクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。