一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

素晴らしい末脚!YGG出資6歳馬シエルブルー、アサヒスーパードライカップ結果

YGG出資6歳馬でキンシャサノキセキ産駒のシエルブルー、園田に戻ってきてから2走目のレースに出走、最新の近況が更新されています。

早速確認してみましょう。

シエルブルー

シエルブルー。2024年2月、クラブ公式ホームページより。許可をいただき掲載しております。

6歳 牡馬 地方5勝
キンシャサノキセキ×ブルーインザスカイ
(ブルーインザスカイの18)
関西)渡辺薫彦厩舎→園田)保利良平厩舎→関東)西田雄一郎厩舎→関東)新開幸一厩舎→園田)保利良平厩舎
エムエム・ヤマダファーム生産

キンシャサ産駒へは2頭目の出資!
園田で4連勝を達成!

2024/6/18 更新情報

園田・保利良平厩舎にて調整中です。

保利調教師コメント

「21日の競馬に向かおうと思います。
前走使ってから歩様もだいぶ良くなっているので使ってみようと思います。

スタートの1歩目が出ていくかどうかですね。
使って行くうちに良くなってくれば良いですが、ブランクが長かったのでまだスッとは出ていけないですね」

2024/6/19 更新情報

園田・保利良平厩舎にて調整中です。

6月21日(金)園田11R アサヒスーパードライカップ B2 4歳以上特別 ダ1230m戦に大山真吾騎手騎乗で出走いたします。

2024/6/21 レース結果

6月21日(金)園田11R アサヒスーパードライカップ B2 4歳以上特別に出走し2着でした。

保利調教師コメント

「もうちょっとでしたね。
やっぱり1230mの距離も合うみたいですし、前走よりも状態は少し良くなったかなと思います。

まだ後ろの筋肉が戻り切ってないので、プラス2キロだったのは良かったですが、もうちょっと増えても良いと思うんですよね。

それでも前走の内容からしたら全然良かったと思います。

今の所レース後の上がりも問題なさそうなので、馬もしんどいとは思うんですけど引き続きトレーニングをしながら筋肉量を増やして行きたいと思います。

能力は間違いなくあるので、このまま順調に使って行ければ勝てると思います。
復活の兆しが見えて良かったです。

大山君は調教も手伝ってくれているので、引き続き乗ってもらおうと思います。
あとは夏の暑さがどうかだけですね」

クロキリの一言

2023年1月4日に地方9戦目に挑み見事5勝目を挙げ、収得賞金的にJRAの2勝クラスでは無く1勝クラスに振り分けられるギリギリのタイミングで中央再登録が発表されましたシエルブルー。

そこでまたトモや肩に硬さが出たり、背腰に疲れが見えたりと不調が出てきてしまいトレセン入厩のタイミングを逃し続け残念ながら1度も入厩しないまま5月に西田厩舎から転厩。

新天地の新開厩舎でも早速入厩してゲート試験には無事合格したものの、直後に右前のシンカン部に少し骨が剥がれかかっているような影が見つかってしまい、3ヵ月の見舞金対象となり療養期間に入りました。

回復後も主に右トモが少し良くなったりまた悪くなったりを繰り返し、2024年3月、結局中央では一度もレースに出られないまま園田に再転入。

再び保利先生のお世話になることになりました。

筋肉も落ちてしまいリハビリからスタートといった状況でしたが、4月に入厩させると、能力試験をクリアさせたりしながら少しずつ態勢を整えていき6月6日、2023年1月以来、約1年半ぶりのレースへ。

休養に入る前と同じB2クラスに振り分けられ、長期療養明けということもあり最後方から追走し勝ち馬モズダッシュスターから1.4秒差の8着で復帰戦を終えましたが、ともかく久しぶりのレースを無事に終えて大きなダメージも無く、6月21日、復帰後2戦目のレースに挑みました。

アサヒスーパードライカップ。
とりあえずレース名が素晴らしかったですね(笑)
私は基本芋焼酎派でビールは殆ど呑みませんが、反応せずにはいられないレース名でちょっとテンションがあがりました。

レース内容の方は、行き脚がつかず今回も最後方へ。
流石に復帰戦からまだ2週間ほどしか経っていないタイミングで、前走のようにまずは無事に完走、その上で何頭か交わしてくれたら大満足かなと思いながら観ていましたが…私としたことがシエルブルーの力を甘く見ていましたね。

直線に入ると外からどんどん前に迫って行き、早めの仕掛けから綺麗に抜け出していた勝ち馬ナリタシンには流石に届きませんでしたが、上り最速となる素晴らしい末脚を披露。

0.1秒差の2着というこれまたテンションのあがる結果を残してくれました。

1年前後の休養を2度も経験しながら、中央時代含め入着率は100%。
14走して12回馬券圏内と本当に強い馬ですね。
体質さえ丈夫ならドライスタウトやスウィープフィートより先にクラブの代表的活躍馬の1頭として今よりもっと知名度を高めていた馬だろうと思っていますが、現状でも十分すぎるくらいの大活躍。

私としてもファンド継続のまま6歳を迎えることができた初めての出資馬でもあり、こんな良い馬に出資することができて嬉しいです。

筋肉が戻り切っていないという評価でこの走りですから、次走以降に向けて更に期待が高まりますね。

引き続き体調や暑さへの対応等に注意しつつ使いながら鍛えていく方針とのことですので、シエルブルーの無事と健康を願いつつ、次回更新も楽しみに待ちたいと思います。

とりあえずお疲れ様シエルブルー!
ナイスレースでした!


※画像・コメントはYGGオーナーズクラブ公式ホームページより。
許可をいただき掲載しております。