一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

中2週で次走へ!YGG出資6歳馬シエルブルー近況(2024/07/03)

YGG出資6歳馬でキンシャサノキセキ産駒のシエルブルー、園田に戻ってきてから3走目のレースに向けて最新の近況が更新されています。

早速確認してみましょう。

シエルブルー

シエルブルー。2024年2月、クラブ公式ホームページより。許可をいただき掲載しております。

6歳 牡馬 地方5勝
キンシャサノキセキ×ブルーインザスカイ
(ブルーインザスカイの18)
関西)渡辺薫彦厩舎→園田)保利良平厩舎→関東)西田雄一郎厩舎→関東)新開幸一厩舎→園田)保利良平厩舎
エムエム・ヤマダファーム生産

キンシャサ産駒へは2頭目の出資!
園田で4連勝を達成!

2024/6/26 更新情報

園田・保利良平厩舎にて調整中です。

6月21日(金)園田11Rに出走し2着でした。

保利調教師コメント

「レース後の上がりも問題なく、明日から馬場に入れる予定です。

1230mだと最後切れる脚を使うので、また丁度良い所であれば1230mに向かいたいと思います」

2024/7/3 更新情報

園田・保利良平厩舎にて調整中です。

保利調教師コメント

「中2週で来週の1230mに行こうと思っています。
使いながら歩様も良くなっているので、そろそろ一発決めたいなと思っています。

一気に状態は上がらないかもしれないですが、前走くらい走れれば勝ち負けになるので相手関係次第ですね」

クロキリの一言

2023年1月4日に地方9戦目に挑み見事5勝目を挙げ、収得賞金的にJRAの2勝クラスでは無く1勝クラスに振り分けられるギリギリのタイミングで中央再登録が発表されましたシエルブルー。

そこでまたトモや肩に硬さが出たり、背腰に疲れが見えたりと不調が出てきてしまいトレセン入厩のタイミングを逃し続け残念ながら1度も入厩しないまま5月に西田厩舎から転厩。

新天地の新開厩舎でも早速入厩してゲート試験には無事合格したものの、直後に右前のシンカン部に少し骨が剥がれかかっているような影が見つかってしまい、3ヵ月の見舞金対象となり療養期間に。
回復後も主に右トモが少し良くなったりまた悪くなったりを繰り返し、2024年3月、結局中央では一度もレースに出られないまま園田に再転入。再び保利先生のお世話になることになりました。

筋肉も落ちてしまいリハビリからスタートといった状況でしたが、4月に入厩させると能力試験をクリアさせたりしながら少しずつ態勢を整えていき6月6日、2023年1月以来、約1年半ぶりのレースへ。

休養に入る前と同じB2クラスに振り分けられ、長期療養明けということもあり最後方から追走する展開から盛り返すことはできず勝ち馬モズダッシュスターから1.4秒差の8着で復帰戦を終えましたが、ともかく久しぶりのレースを無事に終えて大きなダメージも無く、6月21日、復帰後2戦目のレースとしてアサヒスーパードライカップに挑戦。

ここでも行き脚がつかず最後方からの競馬になりましたが、直線に入ると外からどんどん前に迫って行き、早めの仕掛けから綺麗に抜け出していた勝ち馬ナリタシンには流石に届かずも、上り最速となる素晴らしい末脚を披露。

0.1秒差の2着という素晴らしい結果を残してくれました。

園田なら走れる、保利先生のもとでならまだまだ結果も出せると証明してくれましたね。

幸いレース後も状態を落とすことは無かったようで、次走も中2週でいってみるとのこと。
方針通り使いながら状態を上げていっているようで、シエルブルーもそれに応えてくれていて、良い流れに乗れている感がありますね。

「そろそろ一発決めたいなと思っています」「前走くらい走れれば勝ち負け」との頼もしいお言葉も出ていますので、勿論無事の完走が一番ですが久しぶりの1勝にも期待して、レースの日を楽しみに待ちたいと思います!


※画像・コメントはYGGオーナーズクラブ公式ホームページより。
許可をいただき掲載しております。