一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

坂路調教に復帰!YGG出資2歳馬ショレアドルチェ近況(2020/09/17)

先日2走目を走り、球節に腫れが出ていたYGG出資2歳馬ショレアドルチェ、9月17日に近況が更新されています。

早速みてみましょう。




ショレアドルチェ

f:id:kurokiri-G1:20200626224948j:plain
ショレアドルチェ。2020年6月撮影。YGGホームページより。許可をいただき掲載しております。

2歳 牝馬
ドゥラメンテ×サトノアスカ
(サトノアスカの18)
関西)寺島良厩舎
奥山博生産

ドゥラメンテ初年度産駒!
注目の寺島厩舎預託予定!

更新情報

京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。

牧場担当者さんコメント

「脚元はスカッとしてきたので、普通キャンターまで上げてきました。

今日はコース3周と坂路1本ハロン18の普通キャンターで乗っています。

明日は同じメニューで、土曜日はトラックを2400に伸ばしてみようと思っていまして、それで脚元がぶり返すことがなければ来週から15-15を入れる予定でおります。

少し楽をさせた事もあって馬は元気いっぱいで、うるさいくらいです。

馬体は、見た感じはかなりふっくらとして良い感じになっています」

クロキリの一言

思っていたよりずっと早くコース周回と坂路調教に戻って来れましたね!

言われていた通り、症状は本当に軽いものだったということでしょう。

既に15-15の予定とのお言葉もあり、本当に安心しました。

あとは競馬場に行ってみて、また他の馬達の中で揉まれた時にメンタル的にどうか…というところですよね。

療養期間がうまく働いて元気もよく馬体も良い感じらしいので、心配を吹き飛ばすような走りに期待したいですね!

次回更新も楽しみに待ちたいと思います。


※画像・コメントはクラブホームページ(https://ygg-owners.jp/)より。
許可をいただき掲載しております。