一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!5クラブ掛け持ちの一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

ゲート試験間近か⁉YGG中央2歳馬マロンアルジャン近況(2022/06/10)

デビューへ向けて順調に進められていますYGG出資2歳馬シルヴァースプーンの2020ことマロンアルジャン、最新の近況が更新されています。

早速確認してみましょう。




マロンアルジャン

マロンアルジャン。2022年3月YGG公式ホームページより。許可をいただき掲載しております。
マロンアルジャン。2022年3月YGG公式ホームページより。許可をいただき掲載しております。

2歳 牝馬
エピファネイア×シルヴァースプーン
(シルヴァースプーンの2020)
関西)牧田和弥厩舎
門別山際牧場生産

出資馬初のエピファネイア産駒!

2022/06/02 更新情報

栗東トレセン近郊の吉澤ステーブルWESTにて育成中です。

牧場担当者さんコメント

「馬体重は470キロです。
現在は坂路でハロン15秒のペースまで上げて来ています。

先週末にハロン15秒を行きまして、本日はハロン17秒程度の調教を行っています。

ここまでスムーズにペースを上げてきまして、先週に比べると少し動きに硬さが出てきたかなと感じます。

調教のペースを上げてきて、ある程度体に負荷がかかっている事からくるリアクションかなと思います。

コトコトしてどうしようもないとかいう悪い硬さではなく、調教は普通に継続して続けて行けるレベルで、良い意味で体に負荷がかかっている中で出てきた硬さだと思います。

硬くなった分ちょっとテンションが一段高くなっているという事はありますが、テンションの高揚に伴って口向きが悪くなったり操作性に影響が出るという事はありません。

調教の方はずっとハロン15秒で進めて行くよりは15をやって一回緩めてまた15をやったり、15をやって緩めてハロン13秒を入れたりとか、馬のリアクションを見ながらメリハリをつけたメニューで進めて行こうと思います。

この中間に牧田調教師が状態を確認しにこられて、まだ具体的な入厩時期のお話しはなかったですが、手先も軽くて前向きで気性的にも素直なので、早めに移動してもらっても大丈夫そうですという事は伝えさせて頂いた所、これから調教負荷を強めての馬のリアクションを見て早めに入厩出来るか判断しましょうとの事でした。

馬房内では落ち着いていますし、飼い葉食いが落ちたりという事はありません。
引き続きオーバーワークにならないように注意しながら進めて行きます」

2022/06/07 更新情報

栗東トレセン近郊の吉澤ステーブルWESTにて育成中です。

牧田調教師コメント

「明日の検疫で入厩させて頂きます。

まずはゲート試験まで進めて行きます」

2022/06/10 更新情報

栗東・牧田厩舎にて調整中です。

牧田調教師コメント

「入厩後も問題なく順調です。

とても扱いやすいですし、初日からゲート練習で消音で出していますが問題なさそうなので、早めにゲート試験も受けれると思います」

クロキリの一言

募集時は外厩としてチャンピオンヒルズさんを利用予定と発表されていましたマロンアルジャン。

牧田先生の確保されてる馬房がいっぱいということで吉澤ステーブルWESTさんに予定を変更してお世話になることになりましたが、ここでしっかり調整していただいたようで早くもトレセン入りを果たすことができました。

順調な成長をみせてくれているようでゲート試験も早めに受けられるだろうとのこと。

サクッと突破してくれると良いですね。

デビューは7月下旬から8月くらいでしょうか?

この世代の出資馬のなかではかなりスムーズにいっている方の1頭ですので、この調子で大きなアクシデントなく進んでいってくれると良いなと思っています。

次回更新も楽しみです!


※画像・コメントはクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。