一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

8月上旬トレセン帰厩の可能性!YGG出資馬スウィープフィート最新情報(2024/07/04)

YGG出資3歳馬でスワーヴリチャードの初年度産駒ビジュートウショウ21ことスウィープフィート、チューリップ賞での見事な勝利から桜花賞、オークスへ参戦。休養に入り最新の近況が更新されています。

早速確認してみましょう。

イラストは櫂さん!いつもありがとうございます!

スウィープフィート

スウィープフィート。2024年3月、クラブ公式ホームページより。許可をいただき掲載しております。


3歳 牝馬 中央2勝
スワーヴリチャード×ビジュートウショウ
(ビジュートウショウの2021)
栗東)庄野靖志厩舎
聖心台牧場生産
馬名の意味:sweep off feet(心奪われる)より。母系より連想

スワーヴリチャード初年度産駒!
ウマ娘でも有名なスイープトウショウの孫!
庄野厩舎預託馬への出資は2016年産世代以来の2頭目!
出資馬初の芝のG1出走馬!(阪神JF、7着)
出資馬初の芝の重賞勝ち馬!(GⅡチューリップ賞)
出資馬初のクラシック出走馬!桜花賞4着

測尺

2022年10月17日募集時
体高158.0cm 管囲19.0cm 胸囲177.0cm 馬体重441kg

2023年02月21日
体高161.0cm 管囲20.0cm 胸囲185.0cm 馬体重457kg

2023年05月25日
馬体重468㎏

2023年08月13日(新馬戦)
馬体重454㎏

2023年10月08日(2走目・勝ち上がり)
馬体重464㎏

2024年04月07日(桜花賞)
馬体重464㎏

2024年05月19日(オークス)
馬体重:466キロ

2024年06月19日
馬体重:490キロ

2024/6/13 更新情報

京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。

牧場担当者さんコメント

「先週金曜日から動かし始めています。
在は坂路を1本ハロン20秒くらいのペースで乗っています。

6月一杯はこれくらいのペースで進める予定です。
馬は元気そうですし、テンションはいつも通りの感じです」

2024/6/19 更新情報

京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。

牧場担当者さんコメント

「今週も引き続き軽めの所で調整しています。
乗ってる時は問題ないですが、調教が終わって戻る時とかには煩い所を見せていてこの馬らしさが出てきました。

疲れももう抜けたと思います。
馬体重は490キロです。
7月に入ってから徐々に上げて行く予定です」

庄野調教師コメント

「牧場ではまだ軽めの所で乗ってもらっています。

秋華賞への直行を本線で考えてはいますが、有力馬がだいたい直行で、ローズステークスのメンバーが手薄になりそうなので、もしかしたらローズステークスを使ってから秋華賞に向かう形にするかもしれません」

2024/6/27 更新情報

京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。

牧場担当者さんコメント

「現在は坂路を1本ハロン20秒くらいのペースで乗っています。

来週からはトラックコースにも入れて、少しずつ距離を伸ばして行こうと思います。

馬も元気ですし体調面も問題ないですね」

2024/7/4 更新情報

京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。

牧場担当者さんコメント

「トラックコースにも入れ始めていて、トラックコース2000mくらいと坂路をハロン17、18秒くらいで上がっています。

8月上旬くらいに戻すかもという話なので、そこを目標に進めて行って、15-15を何本か消化して送り出せればと思います」

クロキリの一言

2023年10月にデビュー2戦目で勝ち上がりを決め、2歳暮れの大舞台・阪神ジュベナイルFで出資馬初の芝G1出走馬となるなど、永島まなみ騎手と共に2023年の秋から冬を大いに盛り上げてくれましたスウィープフィート。

年明け2戦目、G2チューリップ賞からはレジェンド武豊騎手とコンビを組み、このレースで見事重賞馬に。

出資馬初のクラシック出走となった桜花賞では、スムーズに行かないシーンもありながら勝ち馬ステレンボッシュから0.2秒差の4着という結果を残してオークスへの優先権をゲット。

レース後も良い調整期間を過ごし、6番人気だった桜花賞よりも人気を上げ4番人気で初めての東京競馬場、オークスの舞台に立ちました。

距離もやや長かったのか、悲願の優勝とはなりませんでしたが現状のベストは尽くせたのではないかなという印象の走りを見せて、勝ち馬チェルヴィニアとは0.6秒差、3着ライトバック・4着クイーンズウォーク・5着ランスオブクイーンとは0.2秒差の6着でクラシック2戦目を終えています。

次走はローズステークスを挟むか秋華賞直行でと方針を示されつつまずは放牧に出ていますが、レースを走ったダメージはそれほどなかったようで馬体重はすぐ回復。

6月中旬の更新では「煩い所を見せていてこの馬らしさが出てきました」ということでメンタル面でも通常運行に戻っている様子。

本当に頼もしい馬ですね。

馬体重に関しては最新の計測で490㎏と、これまでレース出走時の馬体重が454-466㎏の範囲から外れたことがないスウィープフィートにしては大きめの数字がでてきました。

勿論ここから移動やトレセンでのレースを見据えた調教のなかでもう少し絞られては行くでしょうけど、まだ3歳馬なので成長分も含まれている可能性は大いにありますよね。
既に重賞馬であり牝馬クラシック戦線でも4着、6着と好勝負を演じているスウィープフィートがそこからもう一段階成長するとしたらどんな走りを見せてくれるのか…
秋に向けてますます期待が高まります。

そんななか最新の更新では8月上旬のトレセン帰厩があるかもとのお言葉が。

秋華賞直行の可能性も残されている状況のはずですが、長めにトレセンで調整するにしても10月13日開催の秋華賞に対して8月上旬トレセン入りはあり得ないとは言わないものの流石に早い気も。
ローズSを挟む方のプランで行く可能性が高まっているということでしょうか。

ローズSなら9月15日。
今年は中京開催ですから、愛知在住の私にとってはスウィープフィートに地元で会うことができるかもしれないという大チャンスとなります。

勿論スウィープフィートにとって一番良いと思われる選択をしていただければ大満足ですが、個人的にはローズS参戦となればそちらの方がやはりテンションはあがるでしょうね。
まだ一度もやったことが無い口取りにも申し込みチャレンジしてみるかもしれません。

夢は膨らみますが、とりあえずはこのクソ暑い夏を無事に乗り切ることからですね。
スウィープフィートは勿論、関係者の皆様もそうですし、私自身も同様です。

先日川田騎手が2週間の休養を発表されましたが、川田騎手と私は同い年なんですよね。

トップジョッキーと私では次元が違うのは百も承知ですが、暑さや湿気からくる体調への影響、身体の痛めやすさとその治りにくさ、疲れやすさと回復の遅さなどなど、最近「あれ?若いころとは違ってきたな…」と感じることの多いこと多いこと。
実際のところ川田騎手は全くそんなこと感じていないかもしれませんが、勝手に共感してしまいました。

猛暑に大雨と大変な天気が続きますが、みんなが大きなアクシデント無く元気に夏を乗り越え秋を迎えられるよう祈りつつ、次回更新も楽しみに待ちたいと思います!


※画像・コメントはクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。