一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

[競馬関連本]何度でも稼げる!この父このテキこの鞍上この馬主2019/A-10解析班

どうも、年明けと夏競馬は馬券全く当たりませんクロキリです。

色々試しても今のところ改善しそうにないので購入金額もレース数も半分以下にしてます。

早く春にならないかな。


さて今回はこの馬券データ本。
「何度でも稼げる!この父このテキこの鞍上この馬主2019」です。
タイトル長いですね。

シリーズ10作目!

毎年出ているそうで、これがシリーズ10作目になるそうです。
私は昨年の2018を初めて購入して今作が2冊目。

それまで毎年出ている某血統のデータ本と騎手のデータ本を別々に買っていたのですが、この本一冊で両方カバー出来てしまうので今年は予想に使うデータ本としてはこれだけで行くかもしれません。

手軽に色々なデータが見れる

なんと言っても手軽さが売りでしょう。
4つもの予想要素を一冊でチェック出来てしまいます。

ピックアップされているのはそのコースの実績No.1であったり、1番だと固すぎる等の理由で面白味のある2番手だったりしますのでやや編集者さんの意向が入っていますが、これが気に入らなければその根拠になったデータ一覧もしっかり掲載されていますので自分でそちらを見ればOK

人を選びそうな点

データ収集期間が2016年1月から2018年12月となっています。
長い期間とは言えませんので、この程度ではよくわからんとおっしゃる方もいるかと思います。

実際私の友人もデータはあまり気にしない派で「3年や5年の結果なんてただの偏りじゃない?」と言います。

私もこのくらいの期間でわかるのは最近の流行りとか勢いのある騎手or血統という感じかなとは思うのですが、5年もあれば2歳新馬が殆ど引退し入れ替わる競馬界、その時の流行りや勢いが数字でわかるだけでも十分かなと考えていますので個人的にはアリ派です。

結局自分で馬を選びきれないから切る(選ぶ)理由をつけてもらう為にこういう本に頼るわけで、自分が納得できれば何でも良いんですよね。
ラッキーナンバーとかジンクスとかサイン馬券とか。
私はその中ならデータが好きです。

まとめ

・何度でも稼げる!この父このテキこの鞍上この馬主

・著者   A-10解析班

・初版   2019年2月

・発行   東邦出版

・頁数   271ページ

・定価   1500円+税

・ジャンル 馬券データ本

・クロキリのオススメ度★★★★☆
血統、騎手、厩舎、馬主の4つの予想ファクターが一冊で手軽に見れて使いやすい。がっつり研究して予想したい方には軽すぎるかもしれないが、ちょっとデータを参考にしたいなという方にはオススメできる一冊。