一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

なんと入院…G1出資1歳馬チェリーフォレストの19近況(2020/11/07)

G1サラブレッドクラブでの出資1歳馬チェリーフォレストの19、今月の近況更新がありましたが…

早速確認してみましょう。
f:id:kurokiri-G1:20200913214241j:plain




チェリーフォレストの19

f:id:kurokiri-G1:20200911000755j:plain
チェリーフォレストの19 (2020/07撮影) クラブホームページより。許可をいただき掲載しております。
f:id:kurokiri-G1:20200911000434j:plain
チェリーフォレストの19 (2020/08撮影) クラブホームページより。許可をいただき掲載しております。

1歳 牝馬
ブラックタイド×チェリーフォレスト
(チェリーフォレストの2019)
追分ファーム産
関西)西園厩舎

初のブラックタイド産駒!

在厩場所

追分ファーム リリーバレー

11/06 更新情報

この中間も順調に乗り込んでいます。

現在のメニューは、坂路コースをハロン17-16秒ペースで1本、または坂路コースをハッキング~ハロン26秒ペースで1500~2000mという内容です。

少しずつ基礎体力が向上してきて、坂路でも終いまでしっかりと動けるようになってきました。

落ち着いているのは良いところでもありますが、調教中はもっとピリッとさせて、メリハリをつけていきたいと考えています。

目方は423kgと数字はやや減らしているものの、馬体は筋肉量が増えて引き締まってきた印象です。

さらなる良化を求めて、今後も鍛錬を積み重ねていきます。

11/07 臨時更新

順調に調教を重ねていましたが、本日11月7日(土)の朝から食道梗塞(喉詰まり)を発症していることが判明し、獣医師によって処置を施したものの、詰まっている部位が悪く、なかなか解消されませんでした。

そのため、社台ホースクリニックへ運んでさらなる処置を施したところ、詰まっていた食渣を無事解消するに至りました。

しかし、食道部分に粘膜潰瘍が見られることから、そのまま社台ホースクリニックに入院しています。

すでに投薬治療を行っており、今後の経過次第ではありますが、数日中には退院できる見込みです。

クロキリの感想

16秒に届くペースで坂路をのぼる等結構順調にきているなぁと思っていた矢先、臨時更新がありなんと入院中であることが判明しました…

少し調べてみると喉詰まり、粘膜潰瘍自体は馬ではそれほど珍しい症例と言う訳では無いようですが、重度だと誤嚥性肺炎を起こしやすかったり食が細くなってしまったりと競走能力への影響が出る場合もあるようなのでちょっと心配ですね(ーー;)

とはいえ私たちにできることは社台ホースクリニックさんとチェリーフォレスト19本人の力を信頼して待つことのみです。

ケロッと完全快復してくれることを願って、次回更新を待ちたいと思います!


※画像・コメントはG1TC様ホームページより。
許可をいただき掲載しております。