一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

JRA 2020年3月開催終了!現在の各リーディングを確認

2月最終週からの無観客競馬が解消されないまま、JRAの3月開催が終了しました。

ドバイ中止、初の無観客G1、G1での長い審議に降着、大雪で火曜に続行競馬等、色々なことが起こった3月開催でしたね。

4月開催開始当日の更新になってしまいましたが、3月開催終了時点の各リーディングを見ておきたいと思います。




騎手リーディング

1位 川田将雅騎手 58勝
2位 Cルメール騎手 42勝
3位 武豊騎手 40勝

ドバイ中止のあおりを受けて、早めに現地入りしていたルメール騎手は後半隔離期間で騎乗できず。

上位3名の顔ぶれは変わりませんでした。


先月終了時に注目していた若手騎手は、岩田望来騎手が22勝で7位。
2つ順位をあげてきました。

24歳松若騎手は(降着絡みで少し後味の悪い空気もありましたが…)G1初勝利、ルーキー泉谷騎手が何度も穴馬を持ってくる等、今月も若手が頑張った月と言えそうです。

4月も活躍してほしいですね。

サイアーリーディング

1位 ディープインパクト
2位 ロードカナロア
3位 ハーツクライ

先月3位だったカナロアが2位に。

その前は4位でしたから、順調に成績を伸ばしてきていますね。

ディープとの差は大きいですが、どこまで迫ることができるか、こちらも楽しみです。


お気に入り種牡馬ハービンジャーは少し順位を落として10位でした。

調教師リーディング(勝利数)

1位 友道調教師
2位 矢作調教師
3位 国枝調教師

僅差で競っている調教師リーディング、今月は友道調教師がトップに。

私の出資馬関連ではリハビリ中のシルク3歳馬プランドルアンテを預かってくださっている友道先生が首位。
ワラウカドのナンナを預かってくださっている国枝先生が3位でした。

オーナーリーディング(勝利数)

1位 シルクR
2位 社台RH
3位 ゴドルフィン

先月トップだったゴドルフィンシルク社台が追い抜きました。

シルクの好調は何となく皆さんもイメージ通りかと思うのですが、今年は社台が調子良いですね。


先月末5位だったサンデーは変わらず5位、G1は12位でした。

生産者リーディング(勝利数)

1位 ノーザンファーム
2位 社台ファーム
3位 白老ファーム

ここは今月も変わらない並びに。

応援している追分ファームも変わらず11位でした。

私クロキリの3月

馬券
2月9日を最後に馬券が一切当たらない大スランプに陥り、3月最終週まで実に開催13日連続不的中と残念な月になってしまいました。

難しい馬券を絞って買ってるとかならまだわかるのですが、この期間メインで買っていたのは単勝…

基本穴っぽい馬を狙っていたとはいえ、ちょっと流石に酷かったですね。

馬券の才能の無さを痛感した月でした。


トンネル脱出は今までやってこなかったパドック予想から。
これは楽しかったので、無観客競馬が解消されたら是非パドックを見に競馬場へ行きたいですね。


出資馬
3月はハーモニクスが1度走って7着に入ったのみでした。

しかしワラウカドのヴァルガス(ボカイウヴァ18)、G1のスウィフティー(ボンバルリーナ18)、YGGのサトノアスカ18と出資2歳馬が相次いで本州入り!

この世代5頭中早くも3頭が北海道を出たことになり勿論私の出資馬では最速記録。

順調そうで嬉しいですね。


3歳馬も月末にはナンナ、ハーモニクス、フレジエ、パーフェクトルールと、北海道でリハビリ中のプランドルアンテを除く4頭が皆トレセンへ。

全頭未勝利なのが悲しいところですが、出走機会は多い4月になりそうです。


昨夜ついにJRA職員さんからもコロナ陽性者が出てしまいましたね…
ここまで広まると競馬界も時間の問題だろうとは思っていましたが、まずはその職員さんが軽度であることを祈るばかりです。

しかしコロナ、どうなるんでしょうね…

このブログは趣味ブログですのでここでコロナについて深く掘り下げることはしませんが、少しでも早く落ち着いてまた皆で飲んだりライブやったり、競馬行ったり出来るようになると良いなぁと思っています。


お互い身体に気を付けてすごしましょう。
そして今月も当ブログをよろしくお願いいたします。