一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

JRA 2020年10月開催終了!現在の各リーディングを確認

牡馬・牝馬同時の無敗三冠馬誕生という大きな出来事がありましたJRAの10月が先週末で終了しました。

10月開催終了時点の各リーディングを見ておきたいと思います。




騎手リーディング

1位 Cルメール騎手 163勝
2位 川田将雅騎手 145勝
3位 福永祐一騎手 108勝

上位3人は変動なし。

あと2ヶ月ありますが、リーディングジョッキーはルメール騎手がこのままいきそうですかね。

4位は松山騎手で102勝。
5位武豊騎手が90勝で武豊騎手は100勝達成できそう。

その下を見てみると21歳の横山武史騎手が75勝で6位、20歳の岩田望来騎手も9位にいて、新世代が台頭してきたのかなという感じしますね。

サイアーリーディング(獲得賞金)

1位 ディープインパクト
2位 ロードカナロア
3位 ハーツクライ

今月も上位3頭に変動はありませんでした。

お気に入り種牡馬ハービンジャーは順位変わらず12位。

デアリングタクトの登場、アリストテレスの好走で更なる注目度アップ間違いなしのエピファネイアは9位に入っています。

2歳サイアーリーディング

1位 モーリス
2位 エピファネイア
3位 ドゥラメンテ

エピファネイアとドゥラメンテが入れ替わりました。

先日のアイビーSを勝ったオーソクレースがエピファネイア産駒なんですね。

調教師リーディング(勝利数)

1位 矢作調教師
2位 友道調教師
3位 堀調教師

上位に変動はありませんでした。

1位矢作先生と2位友道先生の勝ち星の差が6つというのも先月と同じ。

私の出資馬関連ではワラウカドのヴァルガスを預かってくださる藤沢先生が6位で最高位でした。

オーナーリーディング(勝利数)

1位 キャロットファーム
2位 シルク
3位 サンデー

最近ずっと4位にいたサンデーがついに上がってきました!

賞金では1位。
今年は例年ほど目立っていませんが、やはりサンデーはサンデーなんですよね。


1位キャロットと2位シルクの勝ち星差は僅か2つ。

ここはまだまだ変動ありそうですね。
年末へ向け楽しみです。

生産者リーディング(勝利数)

1位 ノーザンファーム
2位 社台ファーム
3位 白老ファーム

相変わらずここは今月も変わらない並びに。

ダーレーが4位、ノースヒルズ5位、応援している追分ファームは10位。

相変わらず変動の少ない部門ですね。
勝ち数で見てるからというのもあるかもしれませんが。

ワラウカドのパカパカファームは先月末の46位から40位にあがってきました!

私クロキリの10月

馬券
トリガミもありつつですが、ひとつも当たらなかったという週はなかったです。

夏まではトリガミすら無い週が殆どでしたからね。

秋になってはっきりと馬券成績はあがってきてます。

まぁ豆馬券なんですが、やはり時々は当たらないと趣味として面白くないですからね。

そういう意味では良い1ヶ月でした。


出資馬
10日にスウィフティーが、11日にセブンシーズが走った以外は出資馬の出走はありませんでした。

スウィフティーは初ダートでタイムオーバーの大敗(^^;
リフレッシュしてからの立て直しに期待です。

セブンシーズのデビュー戦は素晴らしいスタートと粘りを見せて2着

これはテンションあがりましたね。

小柄な牝馬なのでリフレッシュのためすぐ放牧に出てしまいましたが、次走が本当に楽しみです。


その他ではショレアドルチェが軽度の不調を続けていて心配の種になっています…
なんとか流れを変えて欲しいですね…

ブルーローズシップシエルブルーはトレセン入りが昨日発表されまして、11月はとりあえずこの2頭のデビュー戦が楽しめそう。

残るヴァルガスも流石に年内には走ってくれると思いますので、寒くなってきましたが盛り上がる11月になれば良いなぁと思っています。


それでは、今月もお互い身体に気を付けてすごしましょう!

11月も当ブログをよろしくお願いいたしますm(_ _)m