一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

シルク出資2歳牡馬パーフェクトルール近況(2019.1004)

凱旋門賞を戦ったキセキと同じルーラーシップの仔で、私の2017年産世代出資馬唯一の牡馬パーフェクトルール。

10月4日に近況が更新されています。
確認してみましょう。




パーフェクトルール

f:id:kurokiri-G1:20190824213742j:plain
パーフェクトルール。2019年8月。シルクHCホームページより。許可をいただき掲載しております

2歳牡馬
ルーラーシップ×パーフェクトジョイ
(パーフェクトジョイの2017)
ノーザンファーム産
関西)小崎厩舎

出資馬初のルーラーシップ産駒!
2017年産世代唯一の出資牡馬!
2年連続となるキャンセル募集での出資確定馬!

更新情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,500m

担当者さんコメント

「この中間からはハロン15秒ペースを始めています、予定通りペースを上げることが出来ましたが、動きはまだ物足りません。

トモが緩いことで、ギアを上げきれない感じに見えますので、そのあたりを修正していきます。

馬体重は499kgです」

クロキリの感想

調教は少しペースアップしたようです。
まだ内容には満足できる段階ではなさそうですが、少しずつでも前進出来ているのは嬉しいことですね。


これまでの出資馬を見ていると、ノーザンの馬はこのくらいかもう少しだけ進んだところまでを北海道でやったら外厩に移動し、天栄やしがらきでもう少しペースアップしつつ調教師の先生の判断やタイミング等でゲート試験→合格後再び外厩で鍛え上げてデビューへ、という流れが多い様子。

脚元に不安のあるパーフェクトルールですから、まずは問題なくこのペースを維持できるかどうかの様子見期間がある程度あるでしょうけど、数字だけ見れば年内移動くらいはあっても全く不思議ではないくらいのところに入ってきました。


次回の更新も楽しみに待ちたいと思います!


※出資馬画像・厩舎コメントはシルクHCホームページより。
許可をいただき掲載しています。