一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

シルクHC 1歳馬募集2020!全頭一言評価1-14

シルクの2020年度募集(2019年産世代募集)募集馬一言コメント企画、今年もやります!

第1弾の今回は美浦の募集馬から。
早速いってみましょう。


※あくまでも私クロキリの出資検討の一環であり、勉強と振り返り用です。
参考にしていただいても構いませんが責任は一切とれません。

※複数クラブを掛け持ちしていることもあり見送りを連発していますが、あくまでも私の好みと総予算額・事前に決めている出資頭数の問題ですので見送った馬がダメというわけでは勿論ありません。

皆様の推し馬をバサッと見送ってしまうかもしれませんがお許しください。

※間違った見解、勉強不足な点等多々あるかと思いますが、笑ってスルーしていただけると幸いです。




募集スケジュール

・1次募集
2020/07/24(金)~2020/08/05(水)午後5時まで
ホームページより申し込み。
郵送は4日必着で一応可能ですが公式非推奨。

※新規会員さんは4日必着で郵送提出。
書類不備に注意!

・1次募集結果発表
2020/08/14(金)を予定

・1次で満口にならなかった馬
2020/08/18 午前10時より、ネット限定で募集。
既存会員のみ

その後9/2より通常募集

・1次募集出資確定馬の出資金支払い
既存会員:2020/09/28(月)分より引き落とし。

新規会員:振り込み。
後日書類が届きます。

1.イルーシヴウェーヴの19

ディープインパクト産駒の牡馬。

母13歳時の仔で、ここ5代続けてディープを付けていますね。
1つ上の2018は亡くなってしまったようです。

アドマイヤビルゴの全弟。

流石募集総額1億円を超える馬、という感じで見た目も綺麗ですし測尺も申し分なし、歩きも一瞬早送りになってるかな?と思ったくらいシャキシャキしていますよね。

トモの筋肉はもう少ししっかりある方が好みで、ディープなので仕方ないですけど500口でこの価格はちょっと高いかなぁと感じてしまいますので見送り予定。

2.イスパニダの19

こちらもディープの1億超え牡馬。

アルゼンチンのGI馬である母の6歳時の仔で、初仔ですね。

その割には測尺は小さくなく良い感じ。
馬体重が少し控えめですが、3月末産まれの牡馬ですしね。

トモ高っぽいですしまだ大きくなるでしょう。

堀厩舎預託予定。

個人的には筋肉の感じ、歩様共に好みの感じです。普通に人気しそうですよね。

価格は微妙ですが、良い馬っぽいので一応候補には残しておこうかなと考えています。

3.サロミナの19

ディープインパクトの牝馬。

母10歳時の仔でサリオスの半妹。

国枝厩舎預託予定。

管囲19.2がちょっと細めですが、他の数字は特に問題なさそうですよね。

ディープ産駒チャレンジしてみたい気もしますが、歩様みてみるともう少しトモの筋肉がしっかりしてる方が好みだなぁと感じますし、そこに目を瞑って賭けようと思えるような額でもないため見送り予定。

ディープ産駒でこの額なら安いんでしょうけどねー。

4.リアアントニアの19

キングカメハメハの牝馬。

母8歳時の仔で、1つ上が早世しているようですが、その仔も入れると4番仔。

リアアメリアの半妹ですね。

測尺申し分無し。

見た目のバランスや筋肉の感じは良いですよね。
もう少しスムーズに歩く方が好みだなぁと感じるのは踏み込みが少し浅めだからでしょうか?

出資した事の無いキングカメハメハのラスト世代で、一応候補に残そうと思います。

5.テルアケリーの19

ハーツクライの牡馬。

母11歳時の仔で、全兄シティーオブスターが現在4歳で2勝を挙げていますね。

5月産まれですが測尺は悪くなさそう。

シャキシャキとスムーズに歩けている印象で筋肉の感じも悪くないように感じました。

検討候補に残したいと思います。

6.マンドゥラの19

ハーツクライ産駒の牝馬。

母12歳時の仔です。
近親にワールドプレミアやワールドエースがいます。

体高、管囲はやや控えめでしょうか。

動画は日当たりの関係でちょっと筋肉の感じが見づらいですね。

歩幅も広めで悪くはないような気もしますが…

今年のシルクは申し込み時点で多くても2頭ほどに絞ろうと考えていますので、今回は見送り予定。

7.モルジアナの19

ダイワメジャー産駒の牝馬。

JRAで4勝を挙げている母の初仔。
それもあってか、測尺はやや小柄ですね。

近親にシャケトラの名前があります。

サイズに対して筋肉はがっしりついている感じがしますが、ちょっと重たい(硬い?)のかなぁという印象で、私は見送り予定です。

8.ファシネートダイアの19

ロードカナロア産駒の牝馬。

母10歳時の仔。
測尺は良さそうですね。

踏み込みはしっかりしていて歩くのも遅くなく、悪くはなさそうですよね。

もう少し後ろの筋肉はしっかりついてる方が好みかなぁと感じますので、今回は見送り予定。

9.ピラミマの19

ロードカナロア産駒の牝馬。

母14歳時の仔でスワーヴリチャードの半妹ですね。

国枝厩舎預託予定で期待の高さが伺えます。

測尺は申し分無しでしょう。

脚が長く、踏み込みしっかりしていて筋肉も悪くなさそう。

トモの部分がちょっと小さいような気がしなくもないので申し込みまで行くかはわかりませんが、一応候補には残してみようと思います。

10.モシーンの19

ロードカナロア産駒の牝馬。

母11歳時の仔でプリモシーンの半妹ですね。

遅生まれで、管囲18.9は今年のシルク募集馬の中では細めの部類。

カナロア産駒って脚長い仔多いんですねー。

全身で歩いてる感もあり好印象ですが、筋肉はもう少ししっかりついている方が好みですので今回は見送り予定です。

11.ツルマルワンピースの19

ハービンジャー産駒の牝馬。
左後一白。

昨年は不受胎でしたが、デビューまでいった3頭の兄姉が全頭勝ち上がっていて、母の初仔だったブラストワンピース以降で初めてハービンジャーを付けた4番仔ですね。

測尺は立派な数字。

サクサクとスムーズに歩いていて身体も柔らかそう。

ハービンジャー産駒がノームコア以降大物を出せていないからか価格もそこまで高くなく、ハービンジャー好きとしては候補に残しておきたい1頭です。

12.コケレールの19

ドゥラメンテ産駒の牡馬。

母15歳時の仔ですが、流産を3回、1つ上のハーツクライ産駒も早世しておりデビューまでいっている兄姉は多くないですね。

脚が長く、スムーズに歩けている感じですが、もう少しトモがしっかりしている方が好みなので見送り予定です。

13.ルシルクの19

ドゥラメンテ産駒の牝馬。

母15歳時の仔で、半兄にグランシルクがいます。

測尺は申し分無し。

踏み込みはしっかりしていてシャキシャキ歩いている印象ですが、もう少しトモががっしりしている方が好みなので見送り予定です。

14.ハイドバウンドの19

ドゥラメンテ産駒の牝馬。

母12歳時の仔。
この仔も測尺は良い感じですね。

脚が長くシャキシャキ歩いていますが、トモがちょっと小さい印象でもう少しがっしりしているのが好みですし、やや緩そうなので仕上がりも早くはなさそうかなと感じますので見送り予定です。

今回のまとめ

とりあえず最初ですし14頭いってみました!

次回以降はもう少し少なめの頭数で刻んでいく感じになると思われます(^^;

シルクの募集馬、昨年は管囲や馬体重の数字か小さい仔がやたら多かった印象なんですが、今年はどうやらそんなことなさそうですね。

その分細い仔なんかはそれを理由に人気を落とすかもしれない(実際昨年はその傾向があった印象)ので、頭数確保したい方等は敢えてそこを狙っていく戦略なんかもアリかもしれません。


まぁしかしとにかく、いよいよはじまりましたね!

票読みとか色々あるシルク募集ですが、まずは日数かけてじっくり馬を見ていきたいと思います(^_^)


※募集情報はクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。