一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

シルクHC 1歳馬募集2020!全頭一言評価-美浦完結版-

シルクの2020年度募集(2019年産世代募集)募集馬一言コメント企画、第4回の本日は募集番号31番から!

早速いってみましょう。


※あくまでも私クロキリの出資検討の一環であり、勉強と振り返り用です。
参考にしていただいても構いませんが責任は一切とれません。

※複数クラブを掛け持ちしていることもあり見送りを連発していますが、あくまでも私の好みと総予算額・事前に決めている出資頭数の問題ですので見送った馬がダメというわけでは勿論ありません。

皆様の推し馬をバサッと見送ってしまうかもしれませんがお許しください。

※間違った見解、勉強不足な点等多々あるかと思いますが、笑ってスルーしていただけると幸いです。




募集スケジュール

・1次募集
2020/07/24(金)~2020/08/05(水)午後5時まで
ホームページより申し込み。
郵送は4日必着で一応可能ですが公式非推奨。

※新規会員さんは4日必着で郵送提出。
書類不備に注意!

・1次募集結果発表
2020/08/14(金)を予定

・1次で満口にならなかった馬
2020/08/18 午前10時より、ネット限定で募集。
既存会員のみ

その後9/2より通常募集

・1次募集出資確定馬の出資金支払い
既存会員:2020/09/28(月)分より引き落とし。

新規会員:振り込み。
後日書類が届きます。

募集番号1-30はこちら

・1-14
www.g1-kurokiri.com

・15-22
www.g1-kurokiri.com

・23-30
www.g1-kurokiri.com


31.ユキチャンの19

ドレフォン初年度産駒の牝馬。

白毛馬ユキチャンの14歳時の仔。

綺麗な白毛ですね。
作りものみたいな白さ。

測尺は立派な数字で、バランスも悪くないように思います。

筋肉の感じ…
ごめんなさいこんな白い仔見るの初めてで、太陽を反射して見事に光ってて正直よくわからない(笑)

少なくとも踏み込みしっかりしてて、身体も柔らかく使えてそうなのでネタ枠とかではない良い仔だとは思います!

32.グローリアスデイズの19

ドレフォン初年度産駒の牝馬。

母18歳時の仔。

測尺申し分なくサクサク歩けていると思いますが、ちょっとトモが小さく感じられ筋肉ももうちょっとしっかりついてる方が好みかなと思いますので見送り予定です。

33.ウインフロレゾンの19

リオンディーズ第2世代の牡馬。

5月末と結構な遅生まれの割には測尺は悪くない方な気がしますね。

母10歳時の仔で5番仔。
白老ファーム産。

こちらももう少しトモがしっかりしている方が好みかなと思いますので見送り予定。

34.ランニングボブキャッツの19

ヘニーヒューズ産駒の牝馬。

母17歳時の仔ですが、途中2年種付けをせずその下の2018も死亡?しているのか少なくともデビューはしていないようですね。

アジアエクスプレスの全妹になります。

500kg近い立派な馬体。

トモの筋肉がもう少しプリっとしてる方が好みなので見送り予定ですが、GI馬の下でこんな立派な馬なのに募集額控えめな気がするのは母が高齢だからか、ダート馬っぽいからなのか。

35.パシオンルージュの19

ミッキーアイル第2世代の牡馬。

母11歳時の5番仔。

大きい馬ですねー。

立ち姿綺麗で去年までの私ならかなりの有力候補にしてた気がする1頭ですが、動画見てみるともう少しトモの筋肉がはっきりしてる方が早めから始動できそうで好みかなぁと感じるため今年は見送りで。

※7/22 体調が整わないとのことで募集取り下げとなることが発表されました。
大事に至らないことを願っています。

36.ミスティックリップスの19

ミッキーアイル産駒の牝馬。

母15歳時の仔。

管囲、馬体重は2月生まれの牝馬と考えるとやや控えめでしょうか?

身体を柔らかく使って歩けている感じがしますが、全体的にもう少しがっしりしている方が好みなので見送り予定。

37.ラダームブランシェの19

シルバーステート初年度産駒の牡馬。

母7歳時の3番仔。

G1TCで何頭か募集されていたシルバーステート産駒達にもその傾向がある仔が多い印象でしたが、この仔も測尺控えめですね。

身体を使って元気に歩けている印象で柔らかそう。

写真で見るより動画は筋肉の感じも良く見えましたが、ちょっと緩いですかね?

一応候補に残してみようと思える嫌いじゃない雰囲気の1頭。

38.シャルルヴォアの19

ビッグアーサー初年度産駒の牡馬。

母12歳時の仔で1つ上は不受胎。
坂東牧場生産馬。

踏み込みは深くない感じですが小刻みにテンポよく歩けていて、測尺も申し分無しですが、全体的にもう少し筋肉質にみえる方が好みなので見送り予定です。

39.ジャポニカーラの19

サトノアラジン初年度産駒の牝馬。

今回のシルク募集馬で最も募集額が安い馬ですね。

JRAで3勝をあげている母の初仔。
馬体重は現状やや控えめですが、その他の数字はそんなに小さくなさそうです。

サクサク歩いていますがもう少しトモがしっかりしている方が好みですので見送り予定。

安いのでコスパ考えると悪くは無いのかもしれませんが、似たような考え方でとりあえず申し込みリストに入れる人も多そう。

今回のまとめ

今回で関東所属予定馬を一通り見終わりました。

私の検討候補リストに残ったのは10頭。

価格的にいかないだろうけど一応残しとくか…くらいの感覚の仔も入れてるので、自分で思っていたよりは少し多めに残りましたね。

シルクはアーモンドアイ、プリモシーン、ブラストワンピース等関東所属馬に大物が多いイメージがありますが、この募集馬の中からもきっと重賞戦線を賑わすような仔が出てくるんでしょうね。

是非そんな仔と縁があると良いなぁと思いつつ、また次回からは関西馬の方も見ていきたいと思います。


※募集情報はクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。