一口馬主クロキリ

2019年2月より毎日更新中!5クラブ掛け持ちの一口馬主クロキリによるクラブライフブログ。2021年8月 オーストラリアにて共有馬主始めました!

シルクHC 2021年度2歳馬追加募集 第1回中間発表!(2022/04/15)

シルクの2021年度追加募集(2020年産世代募集)、申し込み票数の中間発表がありました!

早速みてみましょう。

f:id:kurokiri-G1:20220416024209p:plain




募集スケジュール

・会員向け先行受付期間
2022/04/13(水)午前10時~2022/04/18(月)午前10時まで
ホームページより申し込み。

1人10口まで。
抽優制度無し。
300口は2018-2020年産世代への出資実績上位順。
200口は抽選。

ここで満口にならなかった分は22日より先着順募集。

第1回追加募集 申し込み状況

4月15日(金)午後4時時点の会員様向けインターネット先行期間における申し込み状況(250口以上の募集馬)

◆1,400口以上
77.レーヌドブリエの20

◆1,000口以上
81.サルスエラの20

◆900口以上
79.カールファターレの20

◆800口以上
82.ジョウノカーラの20

◆600口以上
78.ルミナスハッピーの20
83.ミスセレンディピティの20

※上記募集馬6頭は会員様向けインターネット先行受付期間内で満口となることが確定


◆450口以上
80.バシマーの20
84.キューティゴールドの20

◆350口以上
75.オーサムフェザーの20

◆250口以上
76.ファイナルディシジョンの20

クロキリの一言

10頭がラインナップされました今年のシルク追加募集。

頭数は昨年も10頭でしたね。
このタイミングで10頭全頭が中間発表のリストに名を連ねたのも昨年同様。

昨年の中間1番人気は1300口以上を集めたドレフォン産駒ケアレスウィスパーの19ことスペクトログラムでした。

単純比較できるものではないですが、今年の1番人気は既に1400口以上の申し込みがあるようですから、1番人気の中間発表時点での競争率では今年の方がハードと言えそうです。


エピファネイア産駒であるレーヌドブリエの20は一口12万。

結構な額だと思うのですが、測尺も良いですしエピファネイア産駒らしい強そうで綺麗な馬体。
人気も納得の仔ですよね。

どんな競走馬に育っていくのか成長が楽しみです。


ちょっと調べてみたところ昨年の追加募集馬10頭は2022/04/15現在で全頭デビュー済み、前述のケアレスウィスパーの19と出資馬カーニバルダクスの19に加えてローブティサージュの19が既に勝ち上がっているようです。

一口馬主DBさんによりますとこの世代のシルク所属馬全体のデビュー率は同じく2022/04/15時点で約85%、勝ち上がり率約37%らしいですから、追加募集馬だからと言ってデビュー率が低いとか勝ち上がりにくいということは少なくともシルクの2019年産世代に関しては無さそうですよね。

牧場さんの方針やシステムはそう簡単には変わらないでしょうから、アクシデントに関しては何とも言えないものの今年の追加募集馬達にも少なくともデビューと勝ち上がりに関しては同じような傾向を期待して良いのではないでしょうか。

今年の私は追加募集は見送りと決めていますので申し込みはしていませんが、皆様は申し込みされましたかね?

1人でも多くの方に幸運があることを祈りつつ、日曜予定の第2回中間発表も楽しみに待ちたいと思います!


※募集情報はクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。