一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

シルクHC追加募集2019(2018世代)募集馬発表!全頭一言評価

シルクの2019年度(2018年産世代)追加募集馬詳細が発表になりましたね。

積極的な出資は考えていませんが、頭数も少ないですし一度さらっと見ておこうと思います。

※あくまでも私クロキリの出資検討の一環であり、勉強と振り返り用です。
参考にしていただいても構いませんが責任は一切とれません。

※間違った見解、勉強不足な点等多々あるかと思いますが、笑ってスルーしていただけると幸いです。




募集スケジュール

・会員向け先行
2019/12/02(月)午前10時~2019/12/05(木)午前10時まで

クラブホームページより。

・会員先行期間に満口にならなかった募集馬
2019/12/13(金)午前9時半(電話は10時)より先着順。


新規入会を狙う方は12月13日到着分から郵送のみとのことですが…
そこまでは残らないでしょうね…

抽選方法

300口は今年の一次募集を含む過去3世代分の実績順による実績枠。

200口は完全抽選。
抽優制度無し。

71.(外)ラヴイントーキョーの18

f:id:kurokiri-G1:20191125024007p:plain
ラヴイントーキョー18。シルクHCホームページより。許可をいただき掲載しております。


性別 :牡馬
誕生 :2018/02/19
両親 :マクリーンズ ミュージック×ラヴイントーキョー
母父 :ティズナウ
生産 :カナダ
厩舎 :関東 新規開業厩舎
総額 :2400万円

母4歳時の初仔。
凄く日本馬っぽい名前ですが両親共に外国馬。
父マクリーンズミュージックはデビュー戦勝利の後1戦1勝で引退し種牡馬入りしている変わった経歴の持ち主。

マル外で情報は少ないですが、マクリーンズミュージック産駒は2014年産世代が初年度産駒でアメリカでは既にG1馬も2頭出している等結果を残している種牡馬と言えますね。

胸囲187㎝と馬体重500㎏は今回の追加募集馬でナンバー1。
管囲20.2㎝も十分な数字ですよね。

馬体はがっしり筋肉質。
クラブコメントにもある通りダートの短距離かな。

悪いとは思わないのですが、芝路線が売りかなと思われるノーザン系クラブのシルクでダートっぽいマル外であり、更にこの価格。

ダート路線ならYGGのもう少し安い価格帯の馬で狙ってみるのもコスパ的に良いのかなと考えていますので、私は恐らく見送りかなと思います。

72.ヴァナディースの18

f:id:kurokiri-G1:20191125024151p:plain
ヴァナディース18。シルクホームページより。許可をいただき掲載しております。


性別 :牝馬
誕生 :2018/03/26
両親 :エピファネイア×ヴァナディース
母父 :ロックオブジブラルタル
生産 :レイクヴィラファーム
厩舎 :関東)池上昌和厩舎
総額 :1400万円

母10歳時の仔。
昨年までノーザンファームで、この仔からレイクヴィラ生産。

今のところ大きな活躍をしている兄姉はいませんが、父は種牡馬デビューからコンスタントに200頭以上の種付けをして人気のあるエピファネイア。
今年の2歳馬が初年度産駒ですからこの仔の世代が2代目ですね。

顔つきも悪くない印象ですし、馬体もまだ幼いんでしょうけどバランスはよく見えます。
管囲20.5㎝は今回の追加募集馬では1番の太さですね。

関東なのが個人的にはちょっと残念ですが測尺も特に気になることありませんし、この価格でこの見た目。
この仔なら大抽選会に挑んでみても良いかなと考えている1頭です。

73.チアズメッセージの18

f:id:kurokiri-G1:20191125024327p:plain
チアズメッセージ18。シルクホームページより。許可をいただき掲載しております。


性別 :牡馬
誕生 :2018/04/27
両親 :ハービンジャー×チアズメッセージ
母父 :サンデーサイレンス
生産 :ノーザンファーム
厩舎 :関西)松下武士厩舎
総額 :2000万円

母18歳時の仔。
チアズメッセージはG3京都牝馬ステークスを含むJRA5勝の名馬。
半兄に目黒記念を勝っているクリプトグラムがいます。

大好きなハービンジャー産駒で、思っていたより価格も安かったんですが…

まず顔つきがあまり好みの感じではないんですよね。

そして測尺。
管囲19.5㎝はまぁ良いとして、414㎏かぁ…

体高152㎝と胸囲173㎝
物凄く、というほどではないと思うのですが、小さいですよねぇ。

加えて母は優秀ですが流石に高齢。

これらの私的なマイナスポイントを跳ね返すほど魅力的な馬体という感じも少なくとも今のところはしませんし、せっかくの関西ハービンジャーで惜しい気はするのですが、今回は見送りかなと考えています。

74.トピカⅡの18

f:id:kurokiri-G1:20191125024422p:plain
トピカⅡの18。シルクホームページより。許可をいただき掲載しております。


性別 :牡馬
誕生 :2018/02/07
両親 :モーリス×トピカⅡ
母父 :ウィッパー
生産 :栄進牧場
厩舎 :関西)池添学厩舎
総額 :3200万円

母9歳時の仔。
母トピカⅡはフランスの重賞ウィナー。

悪くないように思われる顔つきに綺麗な馬体をしていますが、このブログでももう何回も書いているように、モーリス産駒って大体とりあえずの見た目は良いように見えるんですよね。

この世代のモーリス産駒は私はワラウカドでボカイウヴァ18に出資していますし、クラブが違うとは言えこの仔はそのボカイウヴァ18より強気な価格設定。

関西所属なのは魅力的ですが、未知数な初年度産駒にいきなり2頭いくほどモーリスに思い入れがあるわけでもありませんし、今回は見送りかなと考えています。

4頭を見てみて

この記事を書くまでは今回の追加募集は見送りかなと考えていたのですが、やはりこうやって公開することを意識しながら1頭1頭馬を見てその感想を文章にするというのは良いですね。

キャンセル募集がでたら絶対行ってみたい、と思うような仔も予算等考慮すると特にいなかったので、今回の追加募集馬の中ではヴァナディースの18が申込み候補かなと思っています。


勿論どの仔を選んでも今のシルクなら大抽選会は避けられないでしょうけど、もともと私は今年のシルクは1頭入魂で良いかなと考えていますので外れても全然大丈夫、という気楽なスタンスで臨めます。

抽選楽しみです。

シルク会員の皆さん、方針決まりましたか?
お互い良い結果がでると良いですね


※画像・コメントはクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。