一口馬主クロキリ

目指せG1制覇!介護福祉士クロキリの一口馬主生活。

シルクHC 1歳馬募集2020!全頭一言評価52-59

シルクの2020年度募集(2019年産世代募集)募集馬一言コメント企画、第7回目になります。
本日は募集番号52から!

早速いってみましょう。


※あくまでも私クロキリの出資検討の一環であり、勉強と振り返り用です。
参考にしていただいても構いませんが責任は一切とれません。

※複数クラブを掛け持ちしていることもあり見送りを連発していますが、あくまでも私の好みと総予算額・事前に決めている出資頭数の問題ですので見送った馬がダメというわけでは勿論ありません。

皆様の推し馬をバサッと見送ってしまうかもしれませんがお許しください。

※間違った見解、勉強不足な点等多々あるかと思いますが、笑ってスルーしていただけると幸いです。




募集スケジュール

・1次募集
2020/07/24(金)~2020/08/05(水)午後5時まで
ホームページより申し込み。
郵送は4日必着で一応可能ですが公式非推奨。

※新規会員さんは4日必着で郵送提出の必要書類あり。
書類不備に注意!

・1次募集結果発表
2020/08/14(金)を予定

・1次で満口にならなかった馬
2020/08/18 午前10時より、ネット限定で募集。
既存会員のみ

その後9/2より通常募集

・1次募集出資確定馬の出資金支払い
既存会員:2020/09/28(月)分より引き落とし。

新規会員:振り込み。
後日書類が届きます。

募集番号1-51はこちら

・美浦募集馬
www.g1-kurokiri.com

・40-45
www.g1-kurokiri.com

・46-51
www.g1-kurokiri.com

52.レーヌドブリエの19

モーリス産駒の牡馬。

JRA4勝の母の初仔。

測尺の数字は、管囲以外はやや控えめでしょうか。

初年度産駒もそういうイメージでしたが、モーリス産駒は身体が柔らかそうに見える仔が多いですよね。

この仔もそんな印象。

なので身体使ってスムーズに歩けている感じしますが、筋肉の方はまだ緩めな感じで仕上がりには時間かかりそうかも?

もう少し筋肉がしっかり(はっきり?)してる方が好みですので見送り予定です。

53.レッドジゼルの19

モーリス産駒の牡馬。

母の3番仔でデビュー済みの半兄レッドアダンは勝ち上がり済み。

測尺は申し分無しですね。

前述した私のモーリス産駒のイメージからするとちょっと可動域は狭めでしょうか。

ピッチ走法でくるくる脚を回せる筋力がついてくれば良いんでしょうけど、現状そこまで筋肉が発達してる感じではなさそう。

もう少し筋肉がしっかりしている方が好みなので見送り予定です。

54.オーシャンビーナスの19

モーリス産駒の牝馬。

母11歳時の仔で、デビュー済みの半兄・半姉が3頭。
JRAではいずれも未勝利で、2頭が地方で複数勝利を挙げていますね。

金髪の鬣がカッコイイです。

胸も深く大きく見えますが、管囲19.5cmを充分と見るか、控えめと見るか。

可動域も広そうですが、筋肉がもう少ししっかりしている方が好みですので見送り予定です。

55.エクレールアンジュの19

モーリス産駒の牝馬。

ノド鳴り?があり未出走のまま引退したエクレールアンジュの3番仔。

1番上の半姉が昨日7/25の3歳未勝利戦でデビューしていますが、残念な結果に終わってしまったようですね…

前駆の筋肉の感じは良さそうなのですが、もう少し後躯も肉付きが良い方が好みですし、何となく歩き方も元気なさそうに感じるため見送り予定です。

56.パープルセイルの19

エピファネイア産駒の牝馬。

JRAで2勝を挙げている母の2番仔ですね。
デビュー済みの兄姉はまだいません。

私のエピファネイア産駒のイメージって大柄な印象なんですが、測尺みてみるとこの仔はそんなに大きくないですね。

身体を柔らかく使ってリズミカルに歩けている印象ではあるものの、トモの大きさや筋肉の感じはもう少ししっかりしている方が好みかなと思いますので見送り予定です。

57.グリューネワルトの19

ルーラーシップ産駒の牡馬。

母12歳時の6番仔。

デビュー済みの兄姉は3頭で、1頭は地方4勝、2頭がJRAで勝ち上がっており、そのうち1頭は葵S勝ち馬の全姉ディアンドルですね。
※この記事を投稿した本日7/26 半兄ミエノワールドがデビュー勝ちをおさめました!

測尺充分で立派な数字。

カタログ写真からして艶々の見た目ですが動画でも綺麗ですねー。

サクサクとリズミカルに歩けていて、トモもどっしりとはしていませんが筋肉の質が良さそう。

人気するでしょうけど、検討候補に入れたいと思います。

58.ディープストーリーの19

ルーラーシップ産駒の牝馬。

母9歳時の3番仔で、唯一デビュー済みの半兄ビーマイオーシャンは6月の3歳未勝利戦を4走目で勝ち上がっています。

脚が長く柔らかく歩いている印象ですが、トモの筋肉がもう少ししっかりついている方が好みですので見送り予定です。

59.ブラックエンブレムの19

キタサンブラック産駒の牡馬。

遅生まれの牡馬ですがキタサンブラックの血か、測尺は申し分無い数字ですね。

母14歳時の仔。

デビュー済みの兄姉が7頭いますがうち6頭が中央で勝ち上がっていて、その顔ぶれもブライトエンブレム、アストラエンブレム、ウィクトーリアと重賞・リステッドクラスがズラリの優秀な母。

小柄なオルフェ産駒で人気のマルーンエンブレムもいますね。

動画を見ると脚が長く、可動域が広いですね。

トモの辺りはもう少し大きかったらなぁとは思いますが筋肉の感じは悪くなさそう。

初めて競馬場行った時のメインレースの勝ち馬だったキタサンブラックには個人的にも思い入れがあり、産駒にも出資してみたいなと思ってG1TCの時から注目していましたが、今のところこの仔が1番好きかもしれません。

抽優までやるかはわかりませんが、検討候補に入れたいと思います。

でも人気出るだろうなぁ。

今回のまとめ

今回は8頭進めました。

残り16頭で、丁度あと2回で終われそうですね。

今回分の検討候補入りは牡馬2頭。
合計で17頭となりました。

かなりの人気どころも多く、現実的な候補はこの半分くらいになりそうですかね。

シルクでは昨年同様1頭とれれば良いかな、ダメならキャロットチャレンジだなというくらいの感じで行こうと思っていますので、今年も抽優をどこに使うかが勝負になりそうだなぁと思っています。


※募集情報はクラブホームページより。
許可をいただき掲載しております。